フラワーエッセンスが指し示してくれる方向

※この記事は以前に書いたものを加筆修正しました。 「なりたい自分」と外側から自分がどう見えるか 当たり前ですが、植物は他の植物になろうとすることはありません。 スミレはタンポポの花を咲かせようとはしません。   一方で、僕らは他の誰かになろうとすることがあります。 自分の外側に「なりたい自分」や「理想の自分」を思い描くことがあります。 周りの人が期待するであろう自分、 人から賞賛を受けるための自分、 外側からどう見えるかを中心においた自分になろうとしてしまうことがあります。  ...

read more

フラワーエッセンスの作用の3つの段階と「葛藤」

フラワーエッセンスの作用の全体像を知っておく フラワーエッセンスの作用が表れるプロセスは、人によって、状況によって、使用するタイミングによって、違ってきますが、一般的には次のような段階があると考えらています。(*1) 必ずしもこの通りに経験されるとは限りませんが、それでも、こうしたフラワーエッセンスによって起るプロセスの全体像を知っておくことは、「表示されているフラワーエッセンスの効果だけ」に注目するよりは、フラワーエッセンスの効果を評価するのに役立つと思います。 フラワーエッセンスの作用と反応の3つの段階...

read more

自分に響くフラワーエッセンスを選ぶためにできること-2

フラワーエッセンスに「自分を開く」 フラワーエッセンスを選ぶ時にいつも同じ方法で選んでいるとしたら、その方法を変えてみるのもいいかもしれません。フラワーエッセンスの作用を実感することは、フラワーエッセンスのエネルギーに「自分を開く」ことだと思います。 そう考えると、選ぶ段階からフラワーエッセンスのエネルギーに自分を開くような選び方をするのがいいでしょう。できるだけ自分のこころの機能全部(感情、思考、感覚、直観)を使って選ぶことを試してみるのがいいと思います。 フラワーエッセンスとの関係を時間をかけて深めていく...

read more

自分に響くフラワーエッセンスを選ぶためにできること

  バッチ医師のオリジナルの解説を読む キーワードや性質の一部に注目してフラワーエッセンスを選んでしまったために、自分に響くフラワーエッセンスに出会えなくて、なんだフラワーエッセンスって効くのか、効かないのよくわからない、と思ってしまう方がもしかしたらいらっしゃるのではないかと思います。なぜ、キーワードや性質の一部に注目して選ぶとよくないのか。...

read more

プラクティショナーの仕事

  前の記事で、「人のこころに触れて援助を行うような仕事で行われることは、フラワーエッセンス療法も含めて、この『自分自身との関係の結びなおし』を援助することだと考えている」と書きました。   こんなふうに言うのは簡単ですが実際には、「自分自身との関係の結びなおし」はたいてい苦しい過程を含んでいます。 これまで後回しにしてきたことや、思い出したくないようなことが浮上してきて向き合わざるをえないようなことがあるかもしれません。...

read more

飛ぶフラ教室特別講座「フラワーエッセンス・占星術入門」無事終了

  8月2日に講師に堤千恵さん(インナーガーデン主宰)をお呼びして開催した 特別講座「フラワーエッセンス・占星術入門」。 無事終了しました。 というか、物凄くいい講座になったと僕は思っています。 受講されたみなさんの感想はどうだったでしょうか。 ぜひ、どんどんフィードバックをお願いします。   占星学にはまったく疎い僕ですが、いろいろ勉強になりました。 やっぱり、フラワーエッセンスと同じように、 人の中の「潜在的発展性」、内的な可能性のコンステレーションをどう読むかなんですね。...

read more

秋から学ぼう!飛ぶフラワーエッセンス教室

  この写真は今年6月に行われたSEED3の修了レポートの発表会の様子です。 とても幸せな時間でした。   秋からフラワーエッセンスを学ぼう!   飛ぶフラワーエッセンス教室のクラスは半年のサイクルのものが多いのですが、 9月、10月からまた新しいサイクルに入ります。   フラワーエッセンスを学ぶと同時に、 フラワーエッセンスを「通して」学ぶことを大切にしている体験型の講座です。 フラワーエッセンスを通して、 自分自身との関係をより自由で豊かなものにしていくことが、...

read more

大切にしたいこと

AFET(Association for Flower Essence Therapy )は2009年に仲間と立ち上げたフラワーエッセンス療法の発展を目指す非営利団体ですが、次の日曜日にはAFE主催で、熊本地震の支援活動をフラワーエッセンスを中心に据えて行ってこられた団体の方たちとのインターネット勉強会&交流会「フラワーエッセンス熊本地震支援活動」を行います。   そんなこともあって、阪神淡路や、東日本のときの記録を読んだりするのですが、 「人が人を援助するってどういうことなんだろう」...

read more

ウツボグサ(セルフヒールの亜種)の花のつくりとメタモルフォーゼ-3

2.葉から花への形の変化:葉、苞葉と花弁をつなぐ萼の形 ★「ウツボグサ(セルフヒールの亜種)の花のつくりとメタモルフォーゼ-2」の記事の続きです。 前の記事に「葉から苞への変化は、形自体に飛躍的な変化はありませんが」と書いたように、苞には葉の形の名残りをはっきりと確認することができます。 一方、花は(1)に書いたように、根元が筒状になった唇形花(しんけいか)です。まさに、動物の口を思わせるような形をしています。 これを、たとえばユリ科の植物と比べてみると、その違いがよくわかります。...

read more

ウツボグサ(セルフヒールの亜種)の花のつくりとメタモルフォーゼ-2

  ★「ウツボグサ(セルフヒールの亜種)の花のつくりとメタモルフォーゼ-1」の記事の続きです。 葉から苞、咢、そして花へのメタモルフォーゼ ウツボグサを観察していて、花が帯びている動物的な力と、茎や葉や咢がもっている植物的な力との関係、葉から苞、咢、そして花へのメタモルフォーゼが物凄く興味深いと前の記事で書きました。   これを説明しようとすると、かなりマニアックな記事になってしまうのですが…(^-^;、もしよければお付き合いください。 まず、ウツボグサの花序を分解させてもらって構造を調べます。  ...

read more

フラワーエッセンス・・・花は心やたましいのあり様を自然の言語で表現している

  なぜフラワーエッセンスが人の心や魂にはたらきかける力をもっているのかということについて、個人的には、ゲーテやシュタイナー的な自然観察の視点に立って、植物の世界と動物の世界、人間の内的世界との関係を見ていくことのが一番しっくりくると思います。 「ゲーテ - シュタイナー的な自然観察の視点」というと、なんかそれだけで難しく聞こえてしまいますが、基本は僕らが肌感覚で理解できることで、そこが物凄くしっくりきます。頭だけ切り離されたような理解じゃなくて、ああ、なるほどと体も心も一緒に納得できるような感覚が好きです。...

read more

ウツボグサ(セルフヒールの亜種)の花のつくりとメタモルフォーゼ-1

  ウツボグサとセルフヒール 今、ウツボグサが咲いています。日本の里山に自生するウツボグサ(Prunella vulgaris subsp. asiatica)はセルフヒール(セイヨウウツボグサ:Prunella vulgaris)の亜種です。 FESのセルフヒールのフラワーエッセンスは、文字通り自分自身を癒す能力を目覚めさせ、自分自身への気づきを促します。外的な価値によってではなく内的な衝動と責任によって、自分の健康や癒しの道のりに取り組むことができるように助けます。   ウツボグサの花のつくり...

read more

秋から学ぼう!飛ぶフラワーエッセンス教室

第6期京都SEED1(8/25~、9/24~)

第8期大阪SEED1(9/6~)

第9期大阪SEED1(10/1~)

第5期大阪SEED2(京都:9/24~、大阪:10/1~)

Newsletter

Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して送信をクリックしてください。

講読解除をご希望の方はメールアドレスを入力して講読解除を選択し送信をクリックしてください。ご購読ありがとうございました。

Seeds of Angelica Newsletter-第21号 4/4
Seeds of Angelica Newsletter-第22号 6/3
Seeds of Angelica Newsletter-第23号 7/30
Seeds of Angelica Newsletter-第24号 8/8

Archives

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

 

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して登録をクリックしてください。

ありがとうございます。ご登録が完了しました。