フラワーエッセンス・ブログ

自我は「内面の子ども」を守る

自我を育てることが大事な二つの理由 柔軟で安定した自我を育てていくことが大事な理由は大きく二つあって、一つは内面の子どもを守るため。もう一つはたましいの器としての役割を果たすためです。 「内面の子ども」と境界(バウンダリー) 「傷つきやすい内面の子供」は大人になった僕らの中に今も住んでいます。自我の役割の一つはその「傷つきやすい内面の子ども」を守ることです。とくに、自我のもつ境界の機能は内面の子供が安全を感じることができるようにはたらきます。...

続きを読む

自我とバウンダリーとフラワーエッセンスを選ぶ過程

「私」という意識 僕らは普段「私」という意識をもって、自分と他者を区別したり、自分の内面と外界を区別して、自立した存在として振舞うことができます。それは、毎日を生きると同時に、その経験を「私」の体系の中に収めていくことで、世界ってこんなところとか、自分ってこんな人間みたいなイメージがある程度統一性をもって安定したものになっていくからですね。 自我はそういう安定した体系があるからこそ、過去の経験に基づいて危険から身を守ったり、ある程度自分が期待される役割やキャラクターと自分との折り合いをつけて自分の居場所をつくることができます。...

続きを読む

自我を育てることとチャクラの話

エネルギーの視点で見ると・・・ 前の記事にで、フラワーエッセンスの選択と自我を育てることについて書きましたが、今回はそれをエネルギーの視点から眺めてみたいと思います。 ちょっとチャクラの話・・・ エネルギーの視点で見ると、僕らは肉体だけの存在ではなく、肉体に浸透し、外側にも広がるような形で生体エネルギー場(フィールド)をもっています。心臓や筋肉のはたらきによって血液が全身に循環しているように、生体エネルギー場は「チャクラ」と呼ばれるエネルギー器官によって形成されます。...

続きを読む

「自我」についての誤解とフラワーエッセンスの選び方

自我は偽りの自分? ネットを検索したりしていると、ときどき「エゴは偽りの自分で潜在意識が正しい」みたいなことを目にして、???となります。 「エゴ」って自我のことを言っているのでしょうか? 潜在意識って無意識のこと? そもそも、自我(エゴ)と無意識(潜在意識)を対立する存在として捉えるの? といった疑問がどんどん湧いてきます。   個人的には自我はたましい(無意識)のための安定した器になることが目的だと思います。 自我とたましいが協力しあってはじめて幸せとか健康があるんだと思うのです。...

続きを読む

フラワーエッセンス・・・植物の世界と人間のこころが触れ合うところ-2

「フラワーエッセンス・・・植物の世界と人間のこころが触れ合うところ-1」からのつづきです。 「花」がもっている立体的な構造 植物は茎を伸ばし、平面的な構造をした緑の葉を広げて光合成をし、生長していきます。 けれども、そういう植物が平面的な構造から形を変え、緑の世界を出る時間があります。 それが「花」です。   花になると、それまで平面的で緑だった葉は、 突然色や香りをもち、多少なりとも空間的になります。 ある程度立体的な構造をつくって、 内部空間といえるような空間をつくり出す花もたくさんあります。  ...

続きを読む

フラワーエッセンス・・・植物の世界と人間のこころが触れ合うところ-1

「フラワーエッセンスはなぜ花からつくられるか」という問い この問いは僕にとってとても重要な問いです。(ちなみに飛ぶフラワーエッセンス教室では、SEED1の初回に取り上げます。)別の形に言い換えると、「どうしてフラワーエッセンスが人の心に深くはたらきかける力をもっているのか」ということです。 それに答えるには、個人的にはゲーテやシュタイナー的な自然観察の視点に立って、植物の世界と動物、人間の内的世界との関係を理解するのがいいと思います。...

続きを読む

久しぶりに・・・・ワイルドオート

久しぶりにワイルドオートを摂りたくなって摂ってみました。 僕にとってワイルドオートは・・・   もし、神聖な使命というものがあるとしたら、 それは何か特別な仕事だとは限らない。 たましいのうちに喜びをもってできることなら、 仕事の種類には関係ない。   パンを焼くことかもしれないし、 子どもを育てることかもしれない。 営業の仕事をすることかもしれないし、 絵を描くことかもしれない。 家事をすることかもしれないし、 植物を育てることかもしれない。   現状をジャッジして、過去を悔いるより、...

続きを読む

フラワーエッセンスを使うレベル:長期的なテーマと日常的なレベル・・・たとえばインパチェンス

バッチ医師のインパチェンスの解説 頭の回転が早く、行動もすばやい人、あらゆることを、迷うことなくすぐに済ませたいと願う人に。病気の時には、早くよくなりたいとやきもきします。 彼らは、遅いことを、時間を無駄にする悪しきことと考えるため、ゆっくりした人に我慢するのが非常に難しく、何とか早くさせようと急かします。 多くの場合、自分のペースで全てを行えるよう、一人で考え、働くのを好みます。(*1)...

続きを読む

色づいてきたワイルドローズのローズヒップ

ワイルドローズのフラワーエッセンス ワイルドローズのフラワーエッセンスについてバッチ医師は次のように解説しています。 十分な理由もなさそうなのに、起こること全てにあきらめている人です。人生を流れに任せてやり過ごし、ただそのままを受け入れ、物事を改善したり喜びを見出す努力をしません。不満も言わず、人生という闘いに降参してしまった人に。(*1) 普段あまり意識に上らないような深いところで、自分の状況を変えることができないとあきらめていて、それが無関心や、慢性的な疲労やうつ状態につながっているようなときに、助けになります。...

続きを読む

ツリフネソウ(Impatiens textori)の花のつくり

落ちていた白花のツリフネソウの花冠を分解してみました。 花弁は5枚ですが、左右の花弁はそれぞれ2枚の花弁が合着したものなので3枚に見えます。下萼片は袋状になっていて先端には蜜が分泌される距(くるっと巻いた部分)があります。(袋状の部分は花弁ではなくて萼片!)...

続きを読む

自分に一番響く経験をしたフラワーエッセンス「ワイルドオート」

フラワーエッセンスを通しての取り組み 次の文章は飛ぶフラワーエッセンス教室SEED1とSEED2(併せて約1年間)を受講した方の修了課題として提出されたものです。SEED1、SEED2では毎回選んだフラワーエッセンスを約1か月服用して次の講座のときに、その経験を振り返りますが、その中で最も印象に残ったエッセンスについて書かれています。公開してくださった しぶや ゆきさん(大阪 堺東 インナーチャイルドカードセラピー&フラワーエッセンス レアレア主宰)、ありがとうございます。...

続きを読む

フラワーエッセンスの誕生とインパチェンス

フラワーエッセンスの誕生とインパチェンス 1928年の9月も終わる頃、エドワード・バッチ博士は、南ウェールズのアスク川のほとりを歩いていました。この川は、アバガベニーとクリックハウエルを流れています。その日は、彼の誕生日、9月24日だったかもしれません。(*1) 89年前のちょうど今の時期、バッチ医師は最初のフラワーレメディ(フラワーエッセンス)をインパチェンスからつくったといわれています。それは南ウェールズのクリックハウウェル(Crickhowell)という街の近くのアースク川(River...

続きを読む

秋から学ぼう!飛ぶフラワーエッセンス教室

第9期大阪SEED1(10/15~)

第5期SEED2(大阪:10/15~)

飛ぶフラワーエッセンス教室

Newsletter

Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して送信をクリックしてください。

講読解除をご希望の方はメールアドレスを入力して講読解除を選択し送信をクリックしてください。ご購読ありがとうございました。

Seeds of Angelica Newsletter-第21号 4/4
Seeds of Angelica Newsletter-第22号 6/3
Seeds of Angelica Newsletter-第23号 7/30
Seeds of Angelica Newsletter-第24号 8/8
Seeds of Angelica Newsletter-第25号 8/19
Seeds of Angelica Newsletter-第26号 9/3
Seeds of Angelica Newsletter-第27号 9/20
Seeds of Angelica Newsletter-第28号 10/10

アーカイブ

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelica Newsletter

フラワーエッセンスと関連植物の情報や、Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

 

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して登録をクリックしてください。

ありがとうございます。ご登録が完了しました。