About Us

Seeds of Angelica

植物から学ぶ

植物は私たちに静かに教えてくれます。

 

私たちは何者かに成るから価値があるのではない。

何かを達成するから尊いのではない。

尊いのはあなたがあなただから。

価値があるのは

あなたがあなたとしてここにいるから。

 

スミレの花はスミレだから美しい。

タンポポの花はタンポポだから美しい。

決して他の理由ではない。

 

自然から外れて生きることのない植物は

自然とのつながりを失いがちな私たちに

たくさんのことを教えてくれます。

大切なことを語りかけてくれています。

 

その言葉に耳を澄ます方法の一つが

フラワーエッセンスです。

植物と私たちのこころが共有している自然の言葉を

フラワーエッセンスを通して学ぶことは、

とてもわくわくするような学びです。

 

フラワーエッセンスは

自分に欠けているものではなくて、

すでに自分の中にあるものに光をあてて、

それが目覚めるのを助けてくれます。

 

私たちは自分に自信がもてなかったり、

人と比べて自分の価値を疑ったりします。

自分がすでにもっているものよりも、

欠けているものの方が気になって

それをなんとか補おうと頑張ります。

 

けれども、フラワーエッセンスが教えてくれるのは、

私たちのなかにもともとあるもの、

私たちがもって生まれた可能性に光をあてることです。

それを私たちの中心に置くことです。

 

植物と私たちのこころが共有している自然の言葉を

フラワーエッセンスを通して学ぶことは、

希望の種を蒔くような学びです。

届けたいところ

フラワーエッセンスを社会に根付かせていくことは決して簡単なことではないでますが、力を尽くしていきたいと思います。本当に届けたいところにフラワーエッセンスを届けるには、一部のマニアな人だけのものではなく、一般の人にも受け入れやすい形でフラワーエッセンスを伝えていくことが大事だと思います。

自然とのつながりがますます希薄になっていく社会の中で、自然と共にありたいと望む人に届けていきたいと思います。

多様性が叫ばれる社会のなかで、 巷にあふれるフツーやリソウといった借り物の物語から自由になって、独自の物語を見出し生きていきたいと望む人に届けていきたいと思います。

なんでも効率的で、「簡単に」「すぐに」「速く」解決することが良しとされ、そうした情報に価値が置かれる傾向の強い社会のなかで、フラワーエッセンスは私たちの心に一方通行ではない「対話」を生み出し、私たちが必要な時間をかけて自分のペースで変化していくことを促します。

Mission

Seeds of Angelicaは
外側の自然である花(植物)と
内側の自然である私たちの深い心のはたらきが
響き合う喜びを経験できる場が
少しずつ広がっていくことを願って活動しています。

そして、そのような響き合いによって
一人ひとりの人がずっと変わらず大切にしてきたものが
種子のように自然の力によって芽吹き、
豊かに自由に育っていくことを願っています。

高原 大輔(たかはら だいすけ)
1959年生まれ、京都在住(既婚)
京都教育大学卒業
1998年英国ITEC認定アロマセラピスト・ディプロマ取得
2000年FESインテンシブセミナーに参加
2001年フラワーエッセンス療法個人セッション開始
2007年ライフスクール・フラワーエッセンス・プラクティショナー・トレーニング課程卒業
2009年 School of Healing Arts and Sciences 統合ヒーリング科卒業
2009年 Association for Flower Essence Therapy代表に就任

フラワーエッセンス療法家(School of Healing Arts and Sciences 認定)
ハンズオンヒーラー(School of Healing Arts and Sciences 統合ヒーリング科卒)
フラワーエッセンス療法の会(Association for Flower Essence Therapy)会長

【Seeds of Angelica】Newsletter

フラワーエッセンスに関連するブログ記事や、飛ぶフラワーエッセンス教室のスケジュールなどをお届けします。

Share This