ワイルドローズの今の様子(2017/6/20)

ワイルドローズの今の様子(2017/6/20)

  「ワイルドローズ(カニナバラ)の花が咲きました」で 紹介したベランダのワイルドローズですが、 今年は30個を超える花が付きました。 5月20日ごろには花弁が落ちてくしゃくしゃになった雄しべと その下の萼が見えます。   そして、1か月経った今は、 子房の部分(正確には子房がツボのように取り囲まれてできた部分)、 つまり、ローズヒップになる部分がだいぶ大きく膨らんできました。   これが真っ赤に変わっていくのはいつごろからなんだろう。...
オリーブの今の様子(2017/6/20)

オリーブの今の様子(2017/6/20)

  「オリーブの花が咲きました」の記事で紹介したベランダのオリーブが 今、いくつか小さな実を着けています。 オリーブには「自家不和合性」という性質があって、 自分の花粉では受精しないので、 実を付けるためには違う品種の木が2本必要です。   けれど、ベランダにはオリーブは1本。 きっと、近所にあるオリーブの花の花粉が飛んできたんだな…。 今年はオリーブ収穫祭ができるかな。 3つくらいは・・・(^^;   フラワーエッセンスのオリーブ ⇒ こちら...
8/2 飛ぶフラ特別講座「フラワーエッセンス・占星術入門」

8/2 飛ぶフラ特別講座「フラワーエッセンス・占星術入門」

  飛ぶフラワーエッセンス教室・特別講座 8月2日(水)にインナーガーデン・ティアラの堤千恵さんを講師に迎えて飛ぶフラワーエッセンス教室の特別講座「フラワーエッセンス・占星術入門」を開催します。 堤さんは、フラワーエッセンスを同じ師匠(School of Healing Arts and Sciences)から学んだ仲間で一緒にAFET(フラワーエッセンス療法の会)を立ち上げたメンバーでもあります。...
フラワーエッセンスの植物観察が目指すところ-4

フラワーエッセンスの植物観察が目指すところ-4

(フラワーエッセンスの植物観察が目指すところ-3「左脳モードから右脳モードへ」) 自分の世界を出て対象が自ら語る言葉に耳を傾ける 目の前にあるんだけれども、実はアクセスしているのは自分の中のイメージだったり、概念だったり…ということが僕らにはふつうに起こっているわけです。 普段は自分の中の概念やイメージにあてはめることで満足していることがほとんどだと思います。 それは日常の意識のモードで、それが悪いわけじゃない。  ...
フラワーエッセンスの植物観察が目指すところ-3

フラワーエッセンスの植物観察が目指すところ-3

左脳モードから右脳モードへ 植物観察の目的の一つはできるだけ「植物そのものに出会うこと」「自分と植物の直接の関係を築くこと」です。   左脳は見たものを分類して、一般化して、名前をつけて理解したがります。 たとえば、赤い花があったとして、この花は「赤」だと思った瞬間から、僕らはほとんどの場合「花そのものの色」を見ているのではなくて、自分のイメージしている赤を見ています。そしてわかった気になります。...