オトギリソウの花は夕方閉じる

昨日の夕方、ちょっと時間ができたのでオトギリソウの花を描こうと思って見てみると、 閉じてるー。 夕方5時。 オトギリソウの花は一日花なんですね。 今朝6時前に見ると、次の花が2つ、開いていく途中でした。 昨日咲いていた花(開いている2つの間の花)は閉じたままです。...

心を開いて何もしないでいる

河合隼雄先生の言葉 ・・・僕らの仕事の物凄いむつかしいところなんです。 その子の立場に立ってというか、 その子に心を開いてということと、 その子にこちらがなんかしてやるのとは違うんですねぇ。   ところが、どーーーしてもはじめは、ついしてやることになります。 これはもう物凄い恐ろしいことです。   あの、偉そうに言ってますが、 今でも私は自分でそう思います。   もうこんなむつかしいことはありません。   その、心は開いているけれども、 何もしないなんてのは、...

ヤロウの花の細部

ヤロウの蕾は糸のようなたくさんの毛でおおわれています。というか、葉や茎にもこの細かく長い毛が蕾ほどではありませんがあるのですが、肉眼ではなかなか見えません。 下の写真は、舌状花が開き始めるところ。舌状花は紙を筒状に丸めたような形から開いていきます。舌状花には雌しべだけがあり、ギリシア文字の「γ」のような形の柱頭が見え始めています。...

小さな蕾をつけたオトギリソウを描いてみた

最近、ヤロウ(セイヨウノコギリソウ)ばかり観察しているので、違う植物を描いてみたら違いがクリアになって、よりヤロウのエネルギーを感じられるんじゃないかと思って、小さな蕾のついたオトギリソウを描いてみました。まだ、途中ですが・・・ 描いてみると、ヤロウとの違いがよく感じられますが、なかなか言葉になりません(^^;...