fbpx

チェリープラム

2021年11月9日

チェリープラム/Cherry Plum

チェリープラム

バラ科サクラ属 学名:Prunus cerasifera 和名:ミロバランスモモ

フラワーエッセンス・チェリープラムの性質

エドワード・エドワード・バッチ医師は亡くなる前年の1935年に、しかも3月~5月の5か月間の間に後半の19のエッセンス(セカンド19)すべてをつくったといわれていますが、そのセカンド19の始まりのエッセンスがチェリープラムです。

チェリープラムはストレスで神経が張り詰めて、自制心を失ってしまうんじゃないか、自分がおかしくなってしまうんじゃないかという恐れを感じたときに助けになるエッセンスで、ファイブフラワー・フォーミュラ(レスキューレメディー)にも含まれています。

この植物を発見したとき、エドワード・エドワード・バッチ医師は副鼻腔の炎症による激痛に苦しんでいたといわれています。そして「多くの場合、副鼻腔炎は強烈なしつこい頭痛を伴います。けれども、肉体的な外傷がレメディーの基準になることはなく、その苦痛に関連して抱いた感情、すなわち自制心を失う恐れや、正気をなくしてしまいそうな恐怖心が基準になりました。」(*1)

・自分を超える高い力を信頼し、コントロールするのを手放して、無意識の葛藤に直面する勇気を目覚めさせてくれます。

【経験しやすいパターン】
・神経が張りつめていて、自制心を失うのではないかという恐れ。破壊的な衝動に駆られる。自分がコントロールできなくなるのではないか、破滅に向かっているのではないかという不安。

フラワーエッセンス・チェリープラムが使えるとき

・コントロールできないような興奮状態(通常レスキューの服用をすすめられる状態。レスキューにはチェリープラムが含まれています)事故や犯罪を目撃したとき、愛する人が亡くなったと聞いたり、怪我をしたと聞いたときなど。

・自分で自分をコントロールできない状態のとき。

・不眠で眠れずおかしくなりそうなとき。

・タバコ、アルコール、過食、爪を噛むなど意志の力でやめることのできない習慣を打破したいとき。

植物としてのチェリープラムの特徴

植物としてのチェリープラムの特徴

この植物の特徴は何といっても、その花の光のように輝く、雪のような「白」です。そして、それとは対象的な黒い樹皮。はじめて見たとき「光と影」だと思いました。本当に美しい花です。満開の花の下にいくと、「降り注ぐ光」という感じで幸せな気持ちになります。個人的な自分の力を超える自然の美しさに包まれるような気持ちになります。

そんなミロバランスモモ(チェリープラム)のフラワーエッセンスが、自制心さえ失ってしまいそうな心を鎮め、精神的な強さと信頼感を回復するのを助けてくれます。

チェリープラムは中央アジアのコーカサス地方バラ科サクラ属の落葉小高木です。学名はPrunus cerasifera。資料によってはチェリープラム=ベニバスモモとなっているものもあるようですが、MULTILINGUAL MULTISCRIPT PLANT NAME DATABASE (*3) によると、ベニバスモモは英国では Pissard plum と呼ばれていてチェリープラムとは呼ばれていないようです。

英国で Cherry plum と呼ばれているものには次の 3 つ。
1.Prunus cerasifera Ehrh.
2.Prunus cerasifera Ehrh. subsp. Cerasifera
3.Prunus cerasifera Ehrh. subsp. myrobalana (L.) C. K. Schneid.(ミロバランスモモ)

ベニバスモモの学名は Prunus cerasifera Ehrh. var. atropurpurea H. Jaeger
<属名 種小名 命名者名 亜種 (原命名者名) 命名者名>

J. バーナード氏は『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』の中でマイルズ・ハドフィールドの記述を引用して、全く同じ特徴を示す木を探すのが難しいほどこの植物が多様であることを指摘しています(*2)。

ミロバランスモモは英国では Cherry plum と呼ばれることも、Myrobalan plum と呼ばれることもあるようです(*3)。ミロバランスモモとベニバスモモは小種名まで同じ植物に分類されていますから、近縁であることは確かですが、実際に開花の様子を見ると明らかにミロバランスモモとベニバスモモでは違います。花の色はもちろんですが(ミロバランスモモは白、ベニバスモモは淡いピンク)、樹形や花の付き方も違い、花から受ける印象もかなり違います(写真参照)。

ベニバスモモ (2008/3/26)
ベニバスモモ (2008/3/26)

大阪市立大学附属植物園のミロバランスモモは、例年 2 月中旬に冬芽にわずかに緑色が表れ始め、2 月下旬~3 月初めになると緑色が濃くなり、一部では小さな葉も現れ始めます。3 月の中旬になると花柄が伸びはじめ、緑色の萼に包まれた蕾をつけ、春分の日の前後から雪のように白い花を開きはじめ、同時に葉も展開し始めます。

————————

*1:ジュリアン・バーナード、谷口みよ子訳『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき 2013 181p
*2:ジュリアン・バーナード、谷口みよ子訳『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき 2013 183p
*3:http://www.plantnames.unimelb.edu.au/new/Prunus_Pt1.html

チェリープラムの冬芽 (1月)

チェリープラムの冬芽 (2016/1/31)
チェリープラムの冬芽 (2016/1/31)

チェリープラムの冬芽 (2月)

チェリープラム(ミロバランスモモ)の冬芽がわずかに緑色を帯びてきました。

チェリープラム(ミロバランスモモ)の冬芽がわずかに緑色を帯びてきました
チェリープラムの冬芽 (2015/2/10)

チェリープラムの冬芽 (3月)

チェリープラム (2016/3/1)
チェリープラム (2016/3/1)

チェリープラムの蕾

チェリープラムの蕾 (2015/3/15)
チェリープラムの蕾 (2015/3/15)
チェリープラムの蕾 (2016/3/16)
チェリープラムの蕾 (2016/3/16)

チェリープラムの開花

チェリープラムの蕾(2/21)
チェリープラムの蕾(2/21)
チェリープラムの蕾 (3/16)
チェリープラムの蕾 (3/16)
チェリープラムの蕾 (3/16)
チェリープラムの蕾 (3/16)
チェリープラムの開花 (2016/3/16)
チェリープラムの開花 (2016/3/16)

満開直前のチェリープラム

満開直前のチェリープラム (2015/3/27)
満開直前のチェリープラム (2015/3/27)
満開直前のチェリープラム (2015/3/27)
満開直前のチェリープラム (2015/3/27)

チェリープラムの葉

チェリープラムの葉 (2018/4/27)
チェリープラムの葉 (2018/4/27)

チェリープラムの果実

チェリープラムの果実 (2015/4/22)
チェリープラムの果実 (2015/4/22)
チェリープラムの果実 (2019/6/16)
チェリープラムの果実 (2019/6/16)

チェリープラムの動画

関連記事

チェリープラムに会ってきました

2020 フラワーエッセンス植物観察会「チェリープラムとカタクリの花」

チェリープラムの美しさ

参考文献

・ジュリアン・バーバード/マーティーン・バーナード 『Dr バッチのヒーリングハーブス』スミス マキコ訳、BABジャパン、2003

・Edward Bach, The Twelve Healers and other remedies, CW Daniel Company, 1936

・Jessica Bear, Practical Uses and Applications of the Bach Flower Emotional Remedies, Balancing Essentials Press, 1990

Posted by admin_takahara