Our Blog

Ut porttitor imperdiet hendrerit. Suspendisse pulvinar lacus nec sollicitudin finibus ligula quam.

光と影、それらが出会って新しい関係に至る

昨日の記事に書いた通り、僕にとって恐れと憧れが一つに溶け合う経験は、フラワーエッセンスの両極性を理解する土台になっています。   海への焦がれるような憧れがあるからこそ、恐れがある。 ・・・同じように、 消えることのない希望の光をもつたましいだからこそ、 絶望を経験するのかもしれません。 自分を開いてあたたかな交流を何より喜びとするたましいだからこそ、 疎外感や孤独を感じるのかもしれません。 光と影、それらは両方で全体、 というか、それらが出会って新しい関係に至るのが たましいの求める方向なのではないかと思います。...

ミムルスのエピソード、その3「恐れと憧れ」

ミムルスのエピソード、その3「恐れと憧れ」

光と影を体感する? 前の記事で書いた「フラワーエッセンスによって目覚めるものや育まれるものは、本来自分に備わっているもの」ということを自分の経験から書いてみたいと思います。 たとえば、信じる気持ちを失って落胆する人がゲンチアンで信じる気持ちを取り戻したというと、やっぱり欠けているものを補っているんじゃないかとも思えます。それって言い方だけなんじゃないかと。 光と影が体感をともなって溶け合うような感覚、それは・・・ 水への怖さ、海への恐怖 2002年6月に School of Healing Arts and Sciences...

何気なくYouTubeを見ていたら…「コンステレーション」

何気なく、YouTubeを見ていたら、河合隼雄先生の京大退官直前の最終講義(1992年)の動画があった。 これをたまたまNHKの放送で見たことが、今の活動の出発点の土台になっているといっても過言ではない。 この講義の内容は書籍にもなっていますが、久しぶりに講義の映像を見ることができてとてもうれしい。 まったく色あせない内容と、河合先生の当時のエネルギーに触れることができて、勇気づけられた。...

風に揺れるリンドウ

10月31日に倉敷の重井薬用植物園に行ってきました。園内にはたくさんの絶滅危惧種を含む、日本、特に岡山県内に自生する植物があります。 保全された湿地でリンドウが生き生きと咲いているのをみることができたのは、本当にうれしかったです。...

湿地をつくる・・・?

湿地をつくる・・・?

10月31日に倉敷の重井薬用植物園に行ってきました。 園内にはたくさんの絶滅危惧種を含む、日本、特に岡山県内に自生する植物があります。 保全された湿地でリンドウが生き生きと咲いているのをみることができたのは、本当にうれしかったです。 正直、こんなところをつくれないかなあ・・・と考え始めました。 フラワーエッセンス関連の植物と日本に古くから自生している植物で・・・   もう一つ大きな収穫というか、うれし事がありました。それはなんと岡山県内に自生しているノコギリソウがあったのです!!!  ...

Subscribe to Our Newsletter

Class aptent taciti sociosqu ad litora torquent per conubia nostra. Quisque a vehicula magna.

Address

Class aptent taciti sociosqu ad litora torquent per 1230.

Call Us

(+880) 123 456 7898
(+880) 123 456 7898

Shares
Share This