ススキの花が咲いています-2

「ススキの花が咲いています」で岡山で、ススキの花のエネルギーを感じたことを書きましたが、そのときに撮影した写真と動画をアップします。 ススキの花をじっくり見たことはありますか? 写真では黒っぽく見えますが、赤紫色のブラシのようなのが雌しべで、黄色~オレンジ色の葯がぶら下がっているのが雄しべです。(上の写真は2018年10月3日撮影、下の写真は2012年10月13日撮影) 動画では雄しべの葯が小刻みに風に揺れているのがよくわかると思います。  ...
ススキの花が咲いています

ススキの花が咲いています

10月1日~3日まで岡山にいたのですが、今ススキが満開です。 この時期に咲くススキの花にはとてもエネルギーを感じます。 穂が直立しているものが多く、穂の色が赤褐色になります。 9月ごろのススキの穂はこんな感じじゃなくて、色も薄く、形も「尾花」の名にふさわしく、馬のしっぽのように少し垂れ下がっているように思うのですが・・・。...
フラワーエッセンスと私を発見する旅

フラワーエッセンスと私を発見する旅

「フラワーエッセンスが私たちの心の根っこを「自然」につなぎなおしてくれる」というのは単なる比喩ではありません。 キリスト教(一神教)に支えられた欧米の個人主義は、自然と戦って自然を開拓し、自然から距離をとって自然を利用するという姿勢が基本になっています。自然と人間の関係は、意識と無意識の関係に反映され、その二つには距離があって、意識が無意識を統合するような形で自己実現や個性化ということがおこなわれます。簡単に言ってしまうと、自分というものを主体的な意識によって努力して獲得していく方向です。...
メマツヨイグサの開花

メマツヨイグサの開花

FESのイブニングプリムローズの仲間で、日本に自生しているプリムローズの一つ、メマツヨイグサが、いま空き地や河原、道路脇などに咲いていますね。 メマツヨイグサの花は夜開花します。調べて見ると、夕方開花するという情報が多いので、近くの空き地で2日ほど8時過ぎまで待ってみましたが、開花しませんでした。...
フラワーエッセンスは私たちの心の根っこを「自然」につなぎなおしてくれる

フラワーエッセンスは私たちの心の根っこを「自然」につなぎなおしてくれる

花がもっているのと同じ、私たちの心にはたらきかける何かをフラワーエッセンスはもっているんだと考えると、普段私たちが花を見て経験していることとフラワーエッセンスがつながると思います。 そして、そのはたらきかけは、自然から決して外れることのない植物が、自然に逆らって生きることもできる私たち人間に思い出させてくれる「自然」なのかもしれません。   私たち人間も植物も同じ「自然」を共有していますが、私たちはある程度自然から離れ、自然をコントロールすることで快適さや便利さを享受しています。...
「花」は私たちの心にはたらきかける特別な何かをもっている

「花」は私たちの心にはたらきかける特別な何かをもっている

※昨日の記事:「フラワーエッセンスって何?」…フラワーエッセンス・トライアルレッスンからの続きです。 花のもつ、根や葉や茎にはない、私たちのこころにはたらきかける力 どうやら植物の「花」は私たちの心にはたらきかける特別な何かをもっていて、それは私たちが根や葉や茎に感じるものとは違っています。また、花がもっている心にはたらきかける力は植物によって違いますが、私たち日本人はそれを経験的に知っていて、心を花に重ね合わせて歌に詠むという文化を発展させてきたのではないかと思います。...