フラワーエッセンスを手渡す人-2

フラワーエッセンスの種は「フラワーエッセンスがあってよかった」という経験をもつ人によって 人の手から人の手へ受け渡されていけば その種は必要な場所で必要なタイミングで芽吹く力を持ち続けるだろうと思います。   だから、フラワーエッセンスにとって「手渡す人」の存在はとても重要です。 手渡す人の「フラワーエッセンスがあってよかった」という経験は、 いわばバッチ医師の「汝、自らを癒せ」の実践なのだと思うのです。   フラワーエッセンスは自分で自分の健康に向き合うことができるように意図されています。...

フラワーエッセンスを手渡す人

フラワーエッセンスがあってよかった、という経験をした人は 自分以外の身近な人や以前の自分と同じように助けを必要とする人に フラワーエッセンスを手渡してあげたいと思うかもしれません。 そのような人によってフラワーエッセンスの種はまかれると思います。   どんなにたくさんの知識や情報よりも、どんなにフラワーエッセンスを讃える言葉よりも、 手渡す人の中に刻まれた等身大の「エッセンスがあってよかった」や「エッセンスの植物に会えてよかった」の方が 生命力をもった種になるだろうと思います。  ...