自分の手に取り戻す

自分の手に取り戻す

バッチ医師はフラワーレメディを、 シンプルな文章を理解すれば誰でも簡単に使うことができるようにして 世に送り出しました。 そこに至るまでに多くの試行錯誤があったことは 著作集などを読むと見えてきますが、 最終的に最優先されたのは 「誰でも使うことができる」ことのように思われます。   そのことを考えてみると、 バッチ医師がフラワーレメディに託したことの一つは、 健康や癒しのすべてを専門家任せにすることから、 日々の暮らしの中で自分自身の手に取り戻すこと ではなかったかと思うのです。   フラワーエッセンスは...
フラワーエッセンスお茶会&ミストスプレーをつくる@京都

フラワーエッセンスお茶会&ミストスプレーをつくる@京都

立春を過ぎて・・・ 立春を過ぎて、京都では暖かさを感じられる陽射しが 少しずつ増えているように思います。 春は確実に近づいていますね。   フラワーエッセンスお茶会 さて、フラワーエッセンスお茶会のお知らせです。 いつも使わせていただいている京町屋カフェ(レンタルスペース Cafe Seed)で 3月11日(日)の午前に開催します。 フラワーエッセンスが気になっている方、 アロマと組み合わせて使ってみたい方、 飛ぶフラワーエッセンス教室の雰囲気を知りたい方、 ぜひ、この機会にご参加ください。   ヤロウの浄化&保護用スプレー...
2017年、今年もありがとうございました

2017年、今年もありがとうございました

  このブログやFBを読んでくださったみなさん、 飛ぶフラワーエッセンス教室に参加してくださったみなさん、 個人セッションに来てくださったみなさん、 SEEDSの輸入代行を利用してくださったみなさん、 Seeds of Angelicaに興味をもってくださったみなさん、 本当にありがとうございました。   この一年間 植物とフラワーエッセンスから学ぶ楽しさを 少しでもお伝えできればと思って活動してきましたが、 それを教えていただいたのは 僕の方だったと感じています。   講師としても、プラクティショナーとしても、...
内面の暗闇に光をもたらす…ゲンチアンとマスタード

内面の暗闇に光をもたらす…ゲンチアンとマスタード

冬至 明日が冬至ですね。 地上でもっとも光が小さくなる時期です。 逆説的ですが、外側の闇が深くなるとき、 内側の光を確かめるときでもあります。   ゲンチアンとマスタード フラワーエッセンスは内面の暗闇に 光をもたらしてくれるものがたくさんありますが、 その中でゲンチアンとマスタードは次のように、 よく引き合いに出されることがあります。 「理由のわかっている憂鬱にゲンチアン、 理由のわからない憂鬱にマスタード」   2つの植物を比べてみると… この2つのエッセンスを植物の側から比べてみると 何が見えてくるでしょう。  ...
17年前のアンジェリカの種

17年前のアンジェリカの種

飛ぶフラ教室のランチ会&お話会 昨日は飛ぶフラワーエッセンス教室のランチ会でした。 普段は顔を合わせることのない別クラスの人たちとも顔を合わせてもらう機会をつくりました。 互いの2017年の歩みを共有する温かく豊かな時間でした。   会が終わって車を運転しながら 17年前のことを思い出していました。   小さな金色の小箱 小さな金色の箱を開けると、 中にはアンジェリカの種がたくさん入っていました。   2000年の夏、 米国ネバダ州で開催されたFESの集中研修の最終日のことでした。 はじめて開催された日本人クラスの参加者全員に...