1/15~ 講座「ヤロウと境界」~植物から学ぶ

私たちは普段あまり「境界」ということを 意識しないで生活しています。 自分と自分以外の人を分ける境界、 自分の内面と外界の境界・・・。   それは自分にとっては当たり前で はっきりしているようでも、 実際には曖昧なところがあります。   そのために、自分以外のものや人に 過剰に影響を受けてしまうことがあります。   ヤロウのフラワーエッセンスは、 FESのフラワーエッセンスの中で とくに重要なエッセンスの1つで 「境界」のテーマに取り組むときにとても助けになります。  ...

12/16 ランチ会&フラワーエッセンス体験会

2018年を振り返るランチ会&フラワーエッセンスの体験会 2018年もあと1か月半となりましたね。 みなさんにとってどんな一年でしたか? アルワーンさんの美味しいランチを食べながら、 一年を振り返ってお互いをねぎらう会を開催したいと思います(^-^)   ランチの後は、フラワーエッセンスの体験会をやります。 今年高原がつくった日本の花のエッセンスや、ヒーリングハーブス、FESのものなどを 名前を伏せて体感し、比べてみたいと思います。 その感想を共有します。 日本の花のエッセンス(ストックレベル)のお土産があります。...

「農園のお弁当ランチ & 秋の花観察会」の様子

今週の月曜日に「有機循環農法の輪」を実現する農園「杉・五兵衛(すぎ・ごへい)」さんで開催した、農園のお弁当ランチ & 秋の花観察会。 天気にも恵まれ、ちびっ子たちも参加してくれて、楽しい観察会になりました。 農園の無農薬有機栽培のお弁当ランチをいただいた後、ロバやウサギと触れ合ったり、日本の秋の植物を観察しながら園内を散策しました。 キンミズヒキ、ミズヒキ、ヤマハギ、ススキ、ツユクサ、ヒガンバナ、オニグルミなど・・・。  ...

ツリフネソウ観察会の様子

昨日はフラワーエッセンスを開発したバッチ医師の誕生日でした。 ということで、彼が最初につくったと言われているインパチェンス(オニツリフネソウ)の近縁種で、日本に自生するツリフネソウの観察会を京都府立植物園で、開催しました。 お蔭さまで天候にも恵まれ、楽しい観察会でした。 参加してくれたみなさん、ありがとうございました。...

フラワーエッセンスは私たちの心の根っこを「自然」につなぎなおしてくれる

花がもっているのと同じ、私たちの心にはたらきかける何かをフラワーエッセンスはもっているんだと考えると、普段私たちが花を見て経験していることとフラワーエッセンスがつながると思います。 そして、そのはたらきかけは、自然から決して外れることのない植物が、自然に逆らって生きることもできる私たち人間に思い出させてくれる「自然」なのかもしれません。   私たち人間も植物も同じ「自然」を共有していますが、私たちはある程度自然から離れ、自然をコントロールすることで快適さや便利さを享受しています。...

「花」は私たちの心にはたらきかける特別な何かをもっている

※昨日の記事:「フラワーエッセンスって何?」…フラワーエッセンス・トライアルレッスンからの続きです。 花のもつ、根や葉や茎にはない、私たちのこころにはたらきかける力 どうやら植物の「花」は私たちの心にはたらきかける特別な何かをもっていて、それは私たちが根や葉や茎に感じるものとは違っています。また、花がもっている心にはたらきかける力は植物によって違いますが、私たち日本人はそれを経験的に知っていて、心を花に重ね合わせて歌に詠むという文化を発展させてきたのではないかと思います。...