オニグルミ(ウォルナットの類縁種)のその後

オニグルミ(ウォルナットの類縁種)のその後

  5月12日の記事(「里山の花…オニグルミ(ウォルナットの類縁種)」)でオニグルミの花を紹介しました。   同じオニグルミのところへ昨日行って来ました。 雌花の根元の子房が膨らんできていました。 僕らが食べるクルミはこの子房の中にできる種子の核の部分。    ...
オニグルミ(ウォルナットの類縁種)のその後

トチノキ日記(10日目、11日目)

  (フラワーエッセンスのチェスナットバッドやホワイトチェスナットはセイヨウトチノキからつくられますが、日本に自生する近縁種のトチノキを発芽から観察しています。)   3日間京都を離れている間にトチノキは、さらに生長していました。 樹高は10日目で24cmになりました。     そして、特徴的な掌状(しょうじょう)複葉(手のひら状の複葉)が完全に開きました。   ふつう、トチノキの小葉は5枚か7枚なのですが、3枚の小葉複葉をはじめて見ました!    ...
オニグルミ(ウォルナットの類縁種)のその後

トチノキ日記(7日目)

  今月17日に芽吹いたトチノキは一日一日とトチノキらしくなってきました。 昨日の朝は13cmになっていました。 (画像をクリックすると拡大)     かなりトチノキの葉っぱらしくなってきました。 夕方に図ると樹高は15.5cmになっていました!   ⇒   飛ぶフラワーエッセンス教室・大阪SEED1 ⇒  ...
オニグルミ(ウォルナットの類縁種)のその後

オリーブの花が咲きました

  育てているオリーブの花が咲きました!今年はこれまでで一番たくさん花をつけました。 花冠は直径5mmくらいです。4枚の花弁、2個のおしべ、1個のめしべが確認できると思います。 やくの色は最初クリーム色がかった黄色で厚みがありますが(写真はクリックで拡大)、   時間がたつと(花粉が出て?)茶色くなって小さくなります(写真はクリックで拡大)。   強い香りではありませんが、とてもいい香りがします。 ジャスミン、キンモクセイ、ライラックなどと同じモクセイ科の植物です。  ...
オニグルミ(ウォルナットの類縁種)のその後

トチノキ日記(6日目)

  昨日の朝5.5cmになったと書きましたが、今朝測ったら8cmになっていました。 だいぶんトチノキっぽくなってきました。     (※写真はクリックすると拡大)      ...
オニグルミ(ウォルナットの類縁種)のその後

フラワーエッセンスの植物観察が目指すところ-2

  フラワーエッセンスの植物観察では、植物の実際の大きさを測ったり、 各部を丁寧にスケッチしたりします。 スケッチといっても、植物を芸術的にうまく描こうとしているわけではありません。 やりたいのは、観察しようとする植物がもっている形や色の細部にも注目して、 できるかぎり丁寧に再現してみる経験です。   そもそも、そんな細部にまで意識を届かせたことのない僕らは そうしてはじめて「あっ!こんなふうになっていたのか」と、 目の前にあるんだけれども実は見えていなかった本当の形や色に出会います。...