6/9「アグリモニー&バーべイン」観察会@京都府立植物園

6/9「アグリモニー&バーべイン」観察会@京都府立植物園

6月9日に京都府立植物園で「アグリモニーとバーべイン」のフラワーエッセンス植物観察会を開催します。 フラワーエッセンス初心者の方にも気軽に参加していただける植物観察会です。 フラワーエッセンスに関連する植物を観察しながら園内をゆっくり歩いた後、バッチのフラワーエッセンス「アグリモニー」と「バーべイン」のつくられる植物(セイヨウキンミズヒキとクマツヅラ)を少し丁寧に観察してみましょう。 詳しくは ⇒ 「アグリモニー&バーべイン」観察会@京都府立植物園 昨日の時点でアグリモニーとバーべインの蕾はこんな感じです。     日時...
オリーブの開花

オリーブの開花

「オリーブの蕾」の記事で紹介したベランダの鉢植えのオリーブが開花しました! オリーブは、キンモクセイやジャスミンやライラックと同じモクセイ科の植物。 花はとてもいい香りがします。   ※オリーブのフラワーエッセンスは、肉体的、精神的に疲労し、消耗している状態から回復し活力を取り戻すのを助けてくれます。日本で見ることは難しいですが、樹齢は非常に長く地中海沿岸では千年を超えるものも少なくありません。      ...
レッドチェスナット観察会の感想2

レッドチェスナット観察会の感想2

昨日に引き続き、レッドチェスナット観察会の感想をご紹介します。   飛ぶフラワーエッセンス教室の観察会では、 まず、その植物が「現にどうか」ということを大切にします。   普段私たちは自分の世界を外にあるものに重ねて見ているので、 植物観察は、意識的に自分の世界を出るチャレンジにもなります。   花を自分の見たいように見たり、 自分の世界に引き入れて見るのではなくて、 できるだけ、他者(?)としての花に触れようということです。 自分の世界を出てそのままの花を感じてみようということです。  ...
レッドチェスナット観察会の感想

レッドチェスナット観察会の感想

5月6日のレッドチェスナット観察会に参加された方から 写真付きで感想をいただきました!! ご紹介します。 荻野さんは今回観察した植物の中でレッドチェスナット以外に 「トチノキ」が一番好き!になられたようです。   トチノキはバッチの「ホワイトチェスナット」や 「チェスナットバット」のエッセンスがつくられるセイヨウトチノキの、 日本に自生する近縁種です。   ということで、2枚目以降の写真はトチノキを、 木の下に入って、下から見上げた写真です。 (一枚目は仙台の野草園、2枚目は京都府立植物園、3枚目京都府綾部市で)...

オーク(ヨーロッパナラ)の幼果

「オーク(ヨーロッパナラ)の花」の記事で4月16日のオークがほぼ満開と紹介しましたが、 10日ほど経った後の様子を見に行ってきました。 雌花の下のドングリになる部分(幼果)が膨らみ始めています。 ドングリってこんなふうに形になっていくんですね!   ※オークのフラワーエッセンスは、人に弱さを見せず限界を超えてまで過度に奮闘し続けるような硬直した忍耐力を、限界を受け入れ必要なときには人に頼るような柔軟な忍耐強さや頼もしさにバランスさせるのを助けます。           Seeds of Angelica...
オニグルミの花

オニグルミの花

「オニグルミの芽吹き」で紹介したように、3月の下旬に芽吹き始めたオニグルミですが、 1か月余りで、あの独特の赤い雌花が開花しました。       Seeds of Angelica Newsletterフラワーエッセンスと関連植物の情報や、Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。   講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して登録をクリックしてください。 登録...
1 / 3412345...102030...最後 »