ホワイトチェスナットとチェスナットバッド…セイヨウトチノキ

★この記事は更新から1年以上経過しています★

ホワイトチェスナットのフラワーエッセンスとチェスナットバッドのフラワーエッセンスは同じ植物、セイヨウトチノキ(Aesculus hippocastanum)からつくられます。

ホワイトチェスナットは花から太陽法で、チェスナットバッドは新芽から煮沸法で。どちらのエッセンスもパターン化して繰り返される状態を打ち破る助けになります。

ホワイトチェスナットは、考えようと思わないのに気がつくとぐるぐる考えているような思考パターンを、チェスナットバッドは同じようなミスや失敗を繰り返してしまうような行動パターンを。

大阪市立大学附属植物園のセイヨウトチノキは今ちょうど新芽が展開し始めたところです。そう、チェスナットバッドが見られます。

ここのセイヨウトチノキは背が高いので、枝先の様子を見るのをあきらめていたのですが、近くの斜面を登っていけば望遠レンズで観察できることを発見。新芽が展開している様子を見ることができました。

 

チェスナットバッド(2016/3/26)

チェスナットバッド(2016/3/26)

チェスナットバッド(2016/3/26)

チェスナットバッド(2016/3/26)

チェスナットバッド(2016/3/26)

チェスナットバッド(2016/3/26)

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Shares
Share This