アグリモニーの近縁種キンミズヒキ

アグリモニーの近縁種キンミズヒキ

日本の里山に自生するキンミズヒキ

昨日、京都府立植物園に行って来ました。

キンミズヒキ(Agrimonia pilosa var. japonica)がたくさん咲いていました。

キンミズヒキはバッチのフラワーレメディのアグリモニー(セイヨウキンミズヒキ)の近縁種で、日本の里山でフツーに見ることのできる花です。

ヒメキンミズヒキ

日本の里山ではもっと小さなヒメキンミズヒキ(Agrimonia nipponica)も見ることができます。

花冠の直径は5mm前後。

 

キンミズヒキとセイヨウキンミズヒキの存在感の違い

全体の存在感はセイヨウキンミズヒキの方が太くしっかりした感じで、葉や茎にたくさんある毛の感触も微妙に違います。

それでも、フラワーエッセンスになっている花の近縁種の花を実際に見ると、フラワーエッセンスをより実感をもって感じられると思います。ぜひ観察に出かけてみてください。

「日本のキンミズヒキやヒメキンミズヒキでエッセンスをつくったら、どんなエッセンスができるんだろう?」なんて、想像しながら違いを観察してみるのも楽しいですね。

キンミズヒキのギャラリー

キンミズヒキはバラ科の花です。(写真をクリックすると拡大)

 

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Shares
Share This