クレマティスとハニーサックル

クレマティスとハニーサックル

カテゴリー「現状に関心をもてない」

バッチ医師が「現状(現実)に関心をもてない」カテゴリーに分類したエッセンスには、「チェスナットバッドとホワイトチェスナット」以外にも5つのエッセンスが含まれています。

このカテゴリーに含まれるエッセンスは、今自分がやっていることに十分にエネルギー注げないようなパターンがあるときに、選ぶことができるエッセンスです。

 

クレマティスとハニーサックル

この2つのエッセンスの植物はぜんぜん違う(クレマティスはキンポウゲ科、ハニーサックルはスイカズラ科)のですが、どちらもつる性の植物です。

「現状に関心をもてない」カテゴリーに含まれているので、今やっていることに十分なエネルギーを注げないときに助けになるのですが、この2つエッセンスが響く典型的なタイプがもっているパターンは、エネルギーを向ける方向に特徴があります。

 

未来と過去

シンプルにいうと、クレマティスの場合はこうなったらいいなぁといった夢のような未来(の空想)に向けられる傾向があるときに助けになります。一方、ハニーサックルはあのときはよかったなぁといった過去のことに向けられるパターンがあるときに助けになります。クレマティスは未来(の空想)に、ハニーサックルは過去に向かいやすい意識(エネルギー)を今ここに向ける助けになるエッセンスです。

 

 

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Shares
Share This