トチノキ(ホワイトチェスナットの近縁種)

2020年12月8日

トチノキ(ホワイトチェスナットの近縁種)

トチノキは、バッチのホワイトチェスナットチェスナットバッドの作られるセイヨウトチノキの近縁種で、日本に自生している樹木です。

トチノキは今くらいの時期から葉が次第に茶色く色づき始めます。

その前の時期に、天気のいい日に大きなトチノキの下から上を見上げるのがとても好きです。

風に揺れる葉と、その間から光が漏れてくる感じ。

ヤモリの手のような掌状複葉が左右に独特の揺らぎ方で揺れます。

ホワイトチェスナットのフラワーエッセンス

ホワイトチェスナットのフラワーエッセンスは、頭の中で考えが次々とわき起こってくるのを止められない。頭の中を常に考えが巡っているようなときに、内面を静かに落ち着けるのを助けます。日中の出来事が頭の中でぐるぐる回って眠れないときに使うことができます。

チェスナットバッドのフラワーエッセンス

チェスナットバッドのフラワーエッセンスは、同じようなパターンや失敗を繰り返して、経験からなかなか学ぶことができないときに、洞察する力を高めます。

セイヨウトチノキの日本に自生するトチノキの短い動画を撮ってみました。