自分の手に取り戻す

★この記事は更新から1年以上経過しています★

フラワーエッセンスの作用を最大限に受け取るために、植物と自分との間に直接つながる通路をつけるという意味で、植物に会いに行くのがいいと思うと一昨日の記事に書きました。フラワーエッセンスを使い始めた方の中に、植物や自然に対して以前よりも関心が深まったという方がいらっしゃるのはその意味でとても自然なことだと思います。

エレガントスターチューリップ

エレガント・スターチューリップ・2006年,Shasta

 

私たち一人ひとりが植物と直接つながることは、バッチ医師が最終的に望んでいたことではないかと僕は思います。

というのは、バッチ医師はフラワーレメディを、シンプルな文章を理解すれば誰でも簡単に使うことができるようにし、後世までより多くの人の手に届くように配慮を尽くしました。そのことを考えてみると、バッチ医師がフラワーレメディに託したことの一つは、癒しのすべてを専門家任せにすることから、日々の暮らしの中で自分自身の手に取り戻すことではなかったかと思うのです。

フラワーエッセンスはその道のりの一歩目を可能にするものであって、その道を先へと進んでゆけばやがて植物と、そして自然とのつながりを一人ひとりがもつことによって、内なる自然、内なる癒し手とのつながりを取り戻すことができると思うのです。

魚座時代から水瓶座時代への移行に伴って、親子関係に象徴されるピラミッド型の社会構造がインターネットに代表されるようなネットワーク型に変わりつつある今、フラワーエッセンスも例外ではないだろうと思うのです。作り手だけが植物との直接の関係をもって、一般の人にフラワーエッセンスを分配するような形から、一人ひとりが直接植物とつながりをもつ方向へ向かうのは自然な流れのように思えます。

もちろん、専門家は必要ですし、良質なフラワーエッセンスを提供してくれるメーカーは私たちにとって重要な存在です。けれども、そうした人たちの活動と対等な価値をもつものとして、私たち一人ひとりが直接植物とつながる活動を考えていいと思うのです。それが私たちの内なる自然、内なる癒し手とのつながりを自分の手に取り戻すのを可能にしてくれると思うからです。

 

Trackbacks/Pingbacks

  1. 「チェリープラムに会いに行く」観察会-2015/3/22:大阪 | フラワーエッセンスヒーリング Seeds of Agnelica - […] ・自分の手に取り戻す ・花に会う楽しさ ・花・・・植物界と動…

Submit a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelica Newsletter

フラワーエッセンスと関連植物の情報や、Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

 

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して登録をクリックしてください。

ありがとうございます。ご登録が完了しました。