スターオブベツレヘムの「包み込む/開く」

★この記事は更新から1年以上経過しています★

スターオブベツレヘムの「包み込む」形について以前の記事で少し書きました。今回は植物の形がどのように葉→萼→花弁→雄蕊・雌蕊へと変化しながら受け継がれていくかをスターオブベツレヘムを例に示してみたいと思います。植物観察のとき、ぜひ他の植物についてもこのような視点で観察してみてください。

スターオブベツレヘムのジェスチャーについて個人的に思うことは、「包み込む/開く」形が葉から花へと受け継がれながら変化していくことが特徴的だと思います。初めは棒状の葉だったものに深い溝ができて、そのあと葉は細くなり、溝もなくなっていきます。その後蕾を包む苞葉に拡張した「包み込む」形がが現れ、それが花弁と萼片に受け継がれ「包み込む」形が開かれていきます。そして最終的に雄しべの形にもそれが受け継がれていることが写真で確認していただけると思います。

スターオブベツレヘム→ スターオブベツレヘム→ スターオブベツレヘム→ スターオブベツレヘム →

 

スターオブベツレヘム→ スターオブベツレヘム→ スターオブベツレヘム→ スターオブベツレヘム

 

スターオブベツレヘム→ スターオブベツレヘム→ スターオブベツレヘム

 

このスターオブベツレヘムのジェスチャーがフラワーエッセンスのどのような作用に関連しているかを一対一で結び付けることはできないと、僕は思っています。けれども、このことに注目して見ることができると、エッセンスの性質と確かにつながっているような感じがしませんか?

スターオブベツレヘムの花のもう一つの大きな特徴はその六芒星の形だと思います。それについては改めて書いてみたいと思います。

 

 

「エルムと友達になる」観察会-2015/3/8:東京 「チェリープラムに会いに行く」観察会-2015/3/22:大阪

 

 

Submit a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelica Newsletter

フラワーエッセンスと関連植物の情報や、Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

 

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して登録をクリックしてください。

ありがとうございます。ご登録が完了しました。