ウェブ講座:パート3「植物観察のポイント」

★この記事は更新から1年以上経過しています★

ウェブ講座:フラワーエッセンスのための植物観察パート3

「植物観察のポイント」

音声ファイル:13分48秒 (2016/3/23アップデート)

★お詫びと訂正:植物と時間の関係の話で、夕方には閉じる花があると言った後に、ツユクサとチコリの話をしています。流れとして、二つの花が夕方閉じる花の例のように受け取れますが、どちらも夕方ではなく昼~昼過ぎには閉じ始めます。

パート3の内容

観察の姿勢:自然をありのままに注意深く見つめ、自然が自ら語りかけてくるものを直観的に受け取る。

・自然科学の方法(観察される側と観察する側の関係を排除する)でも、主観的なアプローチでもない。
・植物を静止したものとしてではなく、自然のサイクルに沿って変化し続ける動的な過程として捉える。
・植物を時間をかけて観察し、植物が語りかけてくる自然の言語に耳を傾けるという方法。

  1. 主観や先入観を横におく
  2. 物質的なレベルで五感を使って植物を調べる
  3. 理解したことを言葉にして記録する、または描く
  4. 時間と植物の変化について調べる
  5. 観察していて自分が感じたことを記録する
記録しておくこと

日時、場所、天気、気温
植物の名前、科名、学名

観察項目

1) 全体の形、空間との関係、環境との関係はどうか

2) 部分の形や大きさ、特徴を記録する
葉、茎、蕾、がくなど・・・形や大きさ、色、質感(手触り)など

3) 花の形や大きさ、特徴を記録する
花・・・構造、形、大きさ、色、質感(手触り)、香りなど

4) 時間との関係はどうか、時間の経過と植物の変化
1 日を通して
1 年を通して
成長の速度
開花する時期(季節)や時間帯

5) 観察を通して植物について発見したこと

6) 観察を通して自分が経験したこと、自分について気づいたこと

7)スケッチ

 

ウェブ講座:パート1「植物に会いに行く理由」

 

ウェブ講座:パート2「植物観察によって経験すること」

トラックバック / ピンバック

  1. ツリフネソウ観察会-2015/9/6:神戸六甲 | フラワーエッセンスヒーリング Seeds of Agnelica - […] パート(3)「植物観察のポイント」(音声ファイル) →ウェブ…

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Shares
Share This