冬芽・・・チェリープラム、ホーンビーム、オーク

★この記事は更新から1年以上経過しています★

バッチフラワーレメディのチェリープラム(ミロバランスモモ)の観察会まであと1ヶ月半になりました。日程は例年の満開のタイミングにあわせて決めたので、今は開花の1ヶ月半ほど前ということになります。

開花の1ヶ月半前はどんな姿をしているのだろう?昨日それを確認してきました。届いたばかりの望遠レンズをもって行ってきました。レンズを試したかったからじゃないかという疑惑については追及しないことにします。

チェリープラムの木全体はまだ眠っているような感じでしたが、冬芽はわずかに膨らみ、薄い緑色が現れてきているように思いました。写真で確認していただけると思います。

チェリープラム

チェリープラム@大阪市立大学理学部附属植物園(2015/2/10)

チェリープラムはバラ科サクラ属の植物なのでサクラに近い植物です。2012年にソメイヨシノを観察したとき、芽吹いてくるときには最初に冬芽に緑色が入り始めることを観察しました。そのとき撮影した写真が以下です。

ソメイヨシノ

ソメイヨシノ(2012/3/7)

ソメイヨシノ

ソメイヨシノ(2012/3/19)

 

オーク(ヨーロッパナラ)とホーンビーム(セイヨウシデ)の地上部分はまだ完全に眠っているように見えました。

オーク

オーク@大阪市立大学理学部附属植物園(2015/2/10)

ホーンビーム

ホーンビーム@大阪市立大学理学部附属植物園(2015/2/10)

 

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Shares
Share This