里山の春の花たち

★この記事は更新から1年以上経過しています★

バッチフラワーレメディやFESのフラワーエッセンスの中には、日本に近縁種が自生するものもあります。そういった近縁種を観察するのもとても興味深いですね。たとえば、FESにはダンティライオン(セイヨウタンポポ)がありますが、ニホンタンポポとはかなり植物のジェスチャーが違うように思います。

私たちが身近に見ることのできる春の花を、フラワーエッセンスの観察方法で観察するのはそれだけで楽しいものですね。

今、里山を歩いてみると、オオイヌノフグリの花がたくさん咲いています。この花は冬至のころから咲き始め5月くらいまで咲いています。春を告げる花という印象の強いオオイヌノフグリですが、もっとも光の少ない時期に咲き始めるはとても興味深いですね。

今日見たオオイヌノフグリはまだ気温が高くないからだと思うのですが、完全には開いていませんね。

オオイヌノフグリ

 

オオイヌノフグリ

オオイヌノフグリ

 

カンサイタンポポはまだほとんどがロゼットの状態ですね。今の時期は葉の色が赤紫色を帯びているものが多いですね。ロゼットの葉をかき分けてみると、蕾が準備されています(以下2枚目の写真中央の蕾)。気温があがってくるとこの蕾がぐーんと一気に伸びて開花するんですね。まだ寒いせいかグーンと伸びる途中で咲き始めているものもありました。

カンサイタンポポ

ニホンタンポポ

ニホンタンポポ

 

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Shares
Share This