花の言葉、自然との対話

★この記事は更新から1年以上経過しています★

僕は、人が話しかけてくれるように、花の言葉を聞くことはできません。だから、特別な能力があるわけではありません。フツーです。ただ地べたに這いつくばって写真を撮ったりするところはフツーじゃないかも(笑)ですが。

ときどき花が語ってくれたこと、として書いたりすることは、自分の経験を「言葉」に翻訳したものです。

じゃあ、どんなときに、花の言葉が聞こえたと感じるか、自然と対話していると感じるかと言うと、それは僕の場合「タイミング」です。タイミングがぴったり合うことです。

こちらの意図したことと、いやいや、ときにこちらの意図したことをはるかに超えて自然にタイミング合うことです。

そういうときは、とてもうれしくなります。ひとりで、おー、とか言ってしまいます。後から気づくのですが、時間の密度が違うような気もします。何か植物の言葉を受け取ったような感じがします。そうした経験をすればするほど、自分をはるかに超える自然に対する感謝と畏敬を感じます。

外側の自然と内側の自然が響き合うことは、人間にとって物凄く幸せなことだと思います。ただそれだけで本当にうれしいし、喜びです。そして、それはフラワーエッセンスを通して植物と丁寧にかかわっていけば、誰にでも起こるし、誰にでもできることだと思います。

植物との対話、はじめませんか?!

 

4/25 「ラーチと友達になる」観察会・神戸

5/10「ワイルドローズと友達になる」観察会・東京

5/30「オリーブと友達になる」観察会・大阪

植物観察会 植物観察会 植物観察会 植物観察会 植物観察会

 

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Shares
Share This