春の里山の花(5)・・・ノアザミ

★この記事は更新から1年以上経過しています★

ノアザミは今蕾のものが多く、もう少ししたら開花期のピークを迎える花です。キク科アザミ属の多年草で、紫色の花を咲かせます。

キク科の植物は舌状花と筒状花が集まって一つの花のように見えるわけですが、ノアザミは筒状花のみで花冠が形成されます。花の下にある総苞片は手で触るとねばねばしています。

葉は羽状に深い切れ込みがあって、葉の縁には棘があります。

 

アザミ_20150429_172

アザミ_20150429_172

ノアザミ(2015/4/29)

ノアザミ(2015/4/29)

ノアザミ(2015/4/29)

ノアザミ(2015/4/29)

 

以下の2枚は昨年撮影したものです。

ノアザミとクロアゲハ(2014/5/28)

ノアザミとクロアゲハ(2014/5/28)

ノアザミとコアオハナムグリ(2014/5/28)

ノアザミとコアオハナムグリ(2014/5/28)

Submit a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelica Newsletter

フラワーエッセンスと関連植物の情報や、Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

 

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して登録をクリックしてください。

ありがとうございます。ご登録が完了しました。