里山の花(13)・・・ボタンヅル

★この記事は更新から1年以上経過しています★

バッチフラワーレメディのクレマティス(Clematis vitalba)の類縁種で日本の里山に自生する植物は二つあります。一つはセンニンソウ(Clematis terniflora)。もう一つはボタンヅル (Clematis apiifolia)。

一昨日から岡山(美作)の実家に帰って農作業などしていたのですが、ちょうど今ボタンヅルが咲き始めたところでした。写真のボタンヅルはネムノキに巻きついて高いところへと昇っていました。たくさんの蕾がついていました。これらがすべて開花すると白い光のように輝きます。そしてその下に立つと濃厚な香りが漂ってきます。

 

ボタンヅル(2015/8/22)

ボタンヅル(2015/8/22)

 

ボタンヅル(2015/8/22)

ボタンヅル(2015/8/22)

 

ボタンヅル(2015/8/22)

ボタンヅル(2015/8/22)

Submit a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelica Newsletter

フラワーエッセンスと関連植物の情報や、Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

 

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して登録をクリックしてください。

ありがとうございます。ご登録が完了しました。