筑波実験植物園のロックローズ

★この記事は更新から1年以上経過しています★

 

先日東京に行ったとき、筑波まで足を延ばして筑波実験植物園へ行ってきました。

目当てはロックローズ。

ロックローズはヨーロッパ原産の常緑の小低木。

ハンニチバナ科ヘリアンテムム属。学名はHelianthemum nummularium。

見つけるの、苦労しましたぁ。

受付では目録にないって言われるし。

結局最後の最後、もう帰ろうとあきらめかけた時に見つけました!

 

でも、そのロックローズを見つける前に、

植物園をぐるっと歩いて出会ったバッチフラワー関連の植物がいくつか・・・。

まず、ミロバランスモモ(チェリープラム)。

ミロバランスモモ ミロバランスモモ

かなり枝が切られていました。植物名の札があったのは1本だけですが、数本あるかも。

そして、ラーチ(ヨーロッパカラマツ)の類縁種のカラマツ。小さな木で、紅葉し始めたところでした。

カラマツ

そして、アグリモニー(セイヨウキンミズヒキ)の類縁種、キンミズヒキ。

キンミズヒキ

 

一通り園内を回って、ロックローズをあきらめかけたときに、

もう一回ネットの情報を確認してみよう、と思って

確認してみると、背景に写りこんでいる植物があった!

その植物を探したんです。

そしたら・・・・、あったぁー!

 

ロックローズ

ロックローズの亜種オブスクルム。ロックローズは常緑とあったけど、こんな感じでした(笑)

これじゃあ、なかなかわからんよね。

ロックローズ ロックローズ

これで来年の夏の楽しみが増えました。

「太陽の花」(ロックローズの属名Helianthemum:ヘリアンテムムの意味)に会う楽しみが。

場所を知りたい方は遠慮なく問い合わせてください。

 

そうそう、それから11月20日(金)、21日(土)は東京でフラワーエッセンス・ヒーリングのセッションです。

よろしくお願いします。

 

Submit a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelica Newsletter

フラワーエッセンスと関連植物の情報や、Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

 

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して登録をクリックしてください。

ありがとうございます。ご登録が完了しました。