外側の闇と内側の光(3)…ホリーのフラワーエッセンス

外側の闇と内側の光(3)…ホリーのフラワーエッセンス

「外側の闇と内側の光(1)…自然の営みと私たちの内面」
「外側の闇と内側の光(2)…セイヨウヒイラギと冬至」からの続きです。

いよいよ明日(12/22)は冬至ですね。

前の記事で、クリスマスにセイヨウヒイラギ(ホリー)が飾られるのは、古くからの冬至の祝いの伝統が引き継がれてることを書きました。

冬至は、新しい光のサイクルの始まり、そして「死と再生」の象徴として、古代の人々にとって現代人が想像するよりもはるかに重要な意味をもっていたんでしょうね。そのときにを共にしてきた植物がセイヨウヒイラギだったわけです。

冬至にしても、クリスマスにしても、内側の光を称える神聖な時です。その神聖な時間の中で心を満たすものがホリーという植物によって象徴されうるってことでしょうね。だからホリーのフラワーエッセンスも僕らの心の神聖な領域に関連しています。

ホリーのフラワーエッセンス

人の心の中の神聖で、暖かくて、懐かしくて、純粋で、自由な領域、そこから流れるエネルギーでつながるとき、他者のことを我がこととして感じることができるような・・・。ホリーのフラワーエッセンスは、そういう心が自分の中にも確かにあって、そこから人とつながりたいという気持ちを思い出させてくれるエッセンスです。

じゃあ、そうじゃない時ってどういう時でしょう。ホリーのエッセンスが力を貸してくれるときって。

それはその対極にいるときですね。孤立しているように感じ、自分だけ疎外されているような感じがして心を閉ざしているときかな。心がカサカサしていたり、ささくれ立っているようなとき。

そんなときは「あいつらはいいよなー。それに比べて…」とか、「あの人たち気にくわない」と、恨みがましく思ったり、嫉妬したり、「今に見てろ」とか「ざまあみろ」とかやたらと敵対心を感じたり、復讐してやるモードに入っていたりしますね。このところ、社会問題としてクローズアップされている「あおり運転」も、そんな心が関係しているんじゃないかと思います。

もちろん、その心をそのまま行動にうつす人は少ないかもしれませんが、人の振舞いを敵意と捉えてしまったり、ちょっと仕返ししてやりたくなったりするような心の動きは、忙しい日常を送っていると誰にでもありますよね。

そんなときは、古代ローマの人々のように、ホリーの小枝を贈り合うかのがいいかもしれませんね。神聖で、暖かくて、懐かしくて、純粋で、自由な心でつながるために。

ホリーと内面の闇と光

といっても、ホリーの小枝はなかなか手に入らないのでね。ホリーのフラワーエッセンスを自分に送るのもいいんじゃないかな。(かなりゴーインな展開ですが・・・(笑))

明日は冬至ですね。外側の世界で闇がもっとも深くなり、そこから再び新しい光のサイクルが始まる日。そういう新たな光のサイクルにあわせて、心の闇を照らしてくれるホリーのエッセンスと一緒に過ごしてみるのはどうでしょう。

この季節を、神聖で、暖かくて、懐かしくて、純粋で、自由な心から流れるエネルギーでつながりたいと思い出させてくれるホリーのエッセンスと一緒に過ごしてみるのはどうでしょう。

 

Trackbacks/Pingbacks

  1. 外側の闇と内側の光(2)…セイヨウヒイラギと冬至 | フラワーエッセンスヒーリング Seeds of Agnelica - […] 続き ⇒ 「外側の闇と内側の光(3)…ホリーのフラワーエッセ…
  2. ホリーのフラワーエッセンスの光と影 | フラワーエッセンスヒーリング Seeds of Agnelica - […] 外側の闇と内側の光(3)…ホリーのフラワーエッセンス 20…
  3. 形のないものに形を与える…Seeds of Angelicaが目指すところ | フラワーエッセンスヒーリング Seeds of Agnelica - […] 外側の闇と内側の光(3)…ホリーのフラワーエッセンス 20…

Submit a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelica Newsletter

フラワーエッセンスと関連植物の情報や、Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

 

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して登録をクリックしてください。

ありがとうございます。ご登録が完了しました。

Shares
Share This