『思い出のマーニー』とホリーのテーマ

 

今夜はテレビでジブリの『思い出のマーニー』が放送されるようですね。

僕は河合隼雄先生の『子どもの本を読む』を読んで興味をもったことや、

インナーガーデンティアラの堤さんの「ぜひ読んでみて」という後押しもあって、

この物語を読んでとても好きになりました。

どんな映像になっているか楽しみです。

 

僕がアンナの気持ちでとても印象に残っていることについて少し書いてみたいのですが、

先入観をもたないで物語を先に見たい方は見たあとで読んでください(^_^)

 

★  ★  ★

 

主人公のアンナは生まれてすぐに両親が離婚し、

再婚した母親は交通事故で亡くなり、

彼女を引き取った祖母も亡くなり、

施設で生活していたところをプレストン夫妻に引き取られ育てられていました。

 

物語はアンナがプレストン夫妻のもとをしばらく離れ、

海辺の村、リトル・オーバートンの老夫婦ペグ夫妻のところへ向かうために

列車に乗り込むところから始まるのですが、

それまでのアンナについてこんなふうに書かれているところがあります。

 

特別仲のいい学校友だちのいないアンナに、

(アンナはそのことを別に気にもしていなかったのですが)、

ミセス・プレストンがスケートや映画や動物園や散歩や宝探しに一緒に行きたいという気持ちを

友達に見せなきゃだめ、と言ったときアンナはこう思っていました。

 

アンナには、はっきりわかっていることがありました。つまり、パーティだの、親友だの、お茶によばれるだのということは、ほかの人たちには、とても大切な、すばらしいことなのです。なぜかというと、ほかの人たちは、みんな、”内側の人” ―なにか、目に見えない魔法の輪の内側にいる人だからです。でもアンナ自身は、その輪の”外側”にいました。だから、そういうことは、アンナとは関係のないことなのでした。じつに、簡単明瞭なことでした。

 

その輪の「外側」にいるって感じることありませんか?

物事がうまくいかなかったりすると、

自分だけ外側にいるって感じが急にクローズアップされたりすること、

誰にでもあるんじゃないかな。

これを読んで僕は、ホリーの花を思い出しました。

 

そんなアンナがリトル・オーバートンの自然の中で自由に時間を過ごし、

もう一人の自分ともいうべきマーニーと出会って別れる経験を通して、

物語の最後ではこんなふうに感じているのです。

 

雨がひどくなっていました。アンナはびしょぬれになりかかっていましが、ちっとも気になりませんでした。心の中が、ほかほかとあたたかでした。アンナはむきをかえて、”内側”にいるとか、”外側”にいるとかって、ほんとうにふしぎだなと思いながら、堤防の上をかけ出しました。それは、ほかの人がいっしょにいるとかいないとか、一人っ子だとか大家族の一員だとかいうようなこととは関係のないことでした。〔中略〕それは、自分自身の中でどう感じているかによることなのでした。

 

アンナは、ひどくなってくる雨の中を、

ほかほかあたたかい心で駆けながら

(もう、ここがめっちゃ好きです。雨の中を走りながらこれを感じるところ!)

内側とか外側というのは「ほかの人がいっしょにいるとかいないとか、

一人っ子だとか大家族の一員だとかいうようなこととは関係のないこと」、

「それは、自分自身の中でどう感じているかによること」なんだと、

全身で感じるのです。

 

もちろん、このような変化がアンナに起こるためには、

相応の内的なプロセスがあったわけですが、

それがマーニーとの交流によってもたらされます。

だから、マーニーとの交流の物語は、

アンナの内的世界としても見ることができます。

そうした見方をすると物凄くリアルな死と再生の物語です。

実際アンナは溺れて死にそうな目にあいます。

 

それを助けたのがワンタメニーというところが

またまた個人的には大好きなのですが・・・、

この辺でやめておきましょう(^_^;)

映画を見て、興味をもたれたら、ぜひ本も読んでみてください。

 

日本語タイトルは『思い出のマーニー』ですが、

原題はWhen Marnie Was There。

thereってどこでしょうね。

リトル・オーバートン?

湿っち屋敷?

それともアンナのこころの中?

僕らのこころの中?

 

Submit a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelica Newsletter

フラワーエッセンスと関連植物の情報や、Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

 

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して登録をクリックしてください。

ありがとうございます。ご登録が完了しました。