FERP-1 受付を終了しました

★この記事は更新から1年以上経過しています★

こんにちは。
Takaharaです。

FERP(フラワーエッセンス・リサーチプロジェクト)に協力してくださっている皆様、本当にありがとうございます。

参加申込みをいただいた方(29名)には今日(6/15)すべて発送&受付完了メールをお送りしましたが、もし申し込みをしたのに連絡が来ないという方がいらっしゃいましたら、大変お手数ですがお知らせください。すぐに発送させていただきます。

リサーチの手順などについて2、3お問い合わせをいただいたので、ここにも書いておきたと思います。疑問点などありましたら、ご遠慮なくお知らせください。

短期的な作用のリサーチの回数について

1回だけでもOKです。複数回行っていただいたあ場合はそれをまとめてフィードバックしていただければOKです。毎回の反応をすべてフィードバックしていただく必要はありません。

長期的な作用のリサーチのポイントについて

長期的な作用については、何か自分にとって印象的なこと(外から見た事の大きさに関係なく)が起こった時に、これまでとは少し違う感じ方や振る舞い方をする自分に出会った時、そのことを記録しておいていただいて、後で振り返ってみてそこに共通するようなテーマがあるかどうかを確認していただくのがいいと思います。

これは、通常フラワーエッセンスを服用した期間を振り返ってその作用を評価するときのポイントでもあります。あらかじめ、フラワーエッセンスの作用を想定して、「こう変わるはず」的な思い入れが強いと「こう」に含まれない変化は零れ落ちていってしまいがちです。フラワーエッセンスの作用の過程は人それぞれ違いますからね。

けれども、誰だって「こうなってほしい」がありますから、「こうなってほしい」をなくすのは難しいですけど、それをちょっと横に置いて自分の内側で起こったことに何か共通のテーマはないかなあ?と調べてみると、案外なことが見えてくることもあります。お試しください。

フィードバックの返信時期

短期的作用のフィードバックと、長期的作用のフィードバックを一緒に6月の下旬~6月30日にお送りください。もし、6月30日に間に合わないようでしたらご連絡ください。7月2日に植物名を公表しますので7月1日までは受付させていただきます。

それから…

僕は5月21日からずっと(といっても回数は一定していませんが)リサーチエッセンスを服用しているのですが、もしかしたらこんな感じかもというのがぼんやりと・・・。でも結論を急がずにこのまま続けたいと思います。

リサーチエッセンスのことも含めて、「花との対話」についての勉強会(勉強会というと堅苦しいですがお話会みたいなもの)をAFET主催で7月4日(土)に東京でやらせていただく予定です。植物との物語は誰にでもあって、花との関係を深めていくことは自分の中の自然を目覚めさせ、自分を内側から支えるものになりうる・・・というようなことを、実際の経験を通してシェアさせていただこうと思っています。でもまだ人数が集まっていないので中止の可能性もあります(-。-;)

ご興味のある方はチェックしてくみてください。

7/4 フラワーエッセンス勉強会(東京)「花との対話」

FERP関連の記事に花の写真を使う時には気を使うというか、花の写真は使えないですね(^_^)

Submit a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelica Newsletter

フラワーエッセンスと関連植物の情報や、Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

 

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して登録をクリックしてください。

ありがとうございます。ご登録が完了しました。