フラワーエッセンス・ブログ

チェリープラム観察会パート1終了!パート2は4/1

  昨日はチェリープラムの観察会のパート1でした。花はまだ2つしか咲いていなかったのですが、蕾の状態だからこそ観察できたことがありました。 チェリープラムの花は雪のように白い印象がありますが、その白の中にある赤みを帯びた部分。それが緑の蕾からどんなふうに現れてきて、花が咲いたときどんなふうに残るか・・・。 カタクリの花を観察したり、ホーンビーム、ホワイトチェスナット、オークなどの樹皮に触れた時の感覚の違いを確かめたり、近くでドングリの芽吹きを観察したり・・・。楽しい一日でした。      ...

続きを読む

チェリープラムの今の様子(2017/3/22)

  チェリープラムの観察会まであと2日となりました。楽しみです! 3月に入って蕾の変化を確認してきましたが、昨日は白い花弁が見え始めている蕾もありました。けれども、全体に今年は昨年より少し遅いかもしれません。   2017年3月のチェリープラムの様子 「チェリープラム、ホーンビーム、オークの冬芽の今(3/4)の様子」 「チェリープラム、ホーンビーム、オークの今の様子(2017/3/11)」 「チェリープラム、ホーンビームの今の様子(2017/3/16)」   2017/3/22のチェリープラムの様子...

続きを読む

スターオブベツレヘムの今(2017/3/18)の様子、そして適応力と生命力

  ずっと京都の自宅のベランダで育てていたスターオブベツレヘムを2年前に、岡山の実家のフラワーエッセンス・ガーデン(仮)に地植えしました(^^; ガーデンといっても、ほぼ自然のままの山の斜面に近いようなところで、草は生えているし、多少笹もあるし、石ころがたくさんあるような土なので、どうかなと思ったのですが、スターオブベツレヘムの適応力と生命力のすごさに改めて驚いています。 あと1か月余りで花を見ることができると思います。      ...

続きを読む

チェリープラム、ホーンビームの今の様子(2017/3/16)

  「チェリープラム、ホーンビーム、オークの今の様子(2017/3/11)」から5日経ちましたが、写真を比べてみると、やっぱり全然違いますね。 チェリープラムは蕾が緩んで一回り大きくなった感じですね。花柄も伸びています。 ホーンビームも冬芽の鱗片が緩んで葉の緑色が見え始めてています。   観察会まであと1週間余りです。 さあ、どんな姿を見せてくれるかな・・・            ...

続きを読む

カタクリの観察:蕾の様子と、発芽したカタクリ 2017/3/16

  3/11の記事(早春の里山の花、カタクリ)   3月11日に訪れた時よりも、蕾の数がかなり増えていました。 蕾は最初、2枚の葉に包まれるように顔をのぞかせますが、先端がピンク色に色づいて(1枚目の写真)います。 そして、だんだん花柄が伸びるにしたがって花冠が下を向いていきます。(2枚目の写真) このころには蕾全体が色づいてきます。   今日、なんといってもうれしかったのは、発芽して間もないカタクリに出会えたことです。 松葉のようなほそーい葉の先端にはまだ種皮がくっついていました。(3前目、4枚目)...

続きを読む

チェリープラム、ホーンビーム、オークの今の様子(2017/3/11)

  「チェリープラム、ホーンビーム、オークの冬芽の今(3/4)の様子」から1週間経ったので、その後の変化を3月11日に確認してきました。 チェリープラムはかなり蕾が膨らんできて、葉が展開し始めている枝もありました。ホーンビームとオークはほとんど変わりないような感じでした。          ...

続きを読む

早春の里山の花、カタクリ

  早春の里山の花、カタクリ(ユリ科カタクリ属 Erythronium japonicum)。 最初の写真は3月4日のものです。2枚目以降はその1週間後の3月11日。 花をつけるまでに少なくとも7年はかかるといわれるカタクリ。 もうすぐ花が見られそうです。              ...

続きを読む

フラワーエッセンスと、ネガティブと、ドラゴンについて-9

  フラワーエッセンス療法を通して経験する癒しの4つの段階 FESのパトリシア・カミンスキーさんは、フラワーエッセンス療法を通して、僕らが経験する可能性のある癒しの段階を4つに分けて説明しています。(*1) 第1段階:解放、リラクセーション、活力の回復 第2段階:認識 第3段階:反応、抵抗、受容 第4段階:再生、再構築...

続きを読む
Summary
Article Name
フラワーエッセンス・ブログ
Author
Publisher Name
Seeds of Angelica
Share This