フラワーエッセンス・ブログ

17年前のアンジェリカの種

飛ぶフラ教室のランチ会&お話会 昨日は飛ぶフラワーエッセンス教室のランチ会でした。 普段は顔を合わせることのない別クラスの人たちとも顔を合わせてもらう機会をつくりました。 互いの2017年の歩みを共有する温かく豊かな時間でした。   会が終わって車を運転しながら 17年前のことを思い出していました。   小さな金色の小箱 小さな金色の箱を開けると、 中にはアンジェリカの種がたくさん入っていました。   2000年の夏、 米国ネバダ州で開催されたFESの集中研修の最終日のことでした。 はじめて開催された日本人クラスの参加者全員に...

続きを読む

セントーリとゲンチアンの共通点-2

セントーリもゲンチアンも二年生の植物 セントーリもゲンチアンもどちらも二年生の植物です。 二年生植物は発芽して一年目は花をつけずに冬を越して、 二年目の春や夏に開花して実をつけます。   セントーリやゲンチアンはロゼットで冬を越します。 ロゼットは、もともとはバラの花の形を表す言葉ですが、 植物の葉が地面に放射状に広がった状態を指します。 冬のタンポポの葉っぱのような感じです。 そして、次の年になって垂直に伸びる茎が成長して蕾をつけ花を咲かせます。 植物に垂直方向に伸びる力が表れるまでに少し時間がかかるところが特徴的です。  ...

続きを読む

セントーリとゲンチアンの共通点

どちらもリンドウ科の植物 セントーリとゲンチアンの共通点は、どちらもリンドウ科の植物だということですね。 近い関係にある植物は似ています。 じゃあ、フラワーエッセンスのテーマにも共通点がある?と考えるのは物凄く自然ですね。 それを調べてみましょう。 セントーリは「ノーと言えない人に」、 ゲンチアンは「ハッキリした理由があって落ち込んでいる人に」、 と表現されることがあるようですが、 この二つのエッセンスの共通点を植物の側から見てみましょう。   花の形の共通点 花の写真を見てみると、形が似ていますね。...

続きを読む

クレマティスとハニーサックル・・・日本に自生しているハニーサックルの仲間の植物

日本に自生しているハニーサックルの仲間 フラワーエッセンスがつくられるハニーサックル(Lonicera caprifolium)の仲間で日本に自生している代表的なものはスイカズラです。「ハニーサックル」という名前も、日本の「スイカズラ(吸い葛)」という名前もどちらも「蜜を吸う」行為に由来しているのは、興味深いですね。 ジャパニーズ・ハニーサックル スイカズラ(学名Lonicera...

続きを読む

クレマティスとハニーサックル・・・日本に自生しているクレマティスの仲間の植物

日本に自生する類縁種の植物 バッチのフラワーエッセンスがつくられる植物で日本に自生しているものは少ないですが、その仲間(類縁種)の植物は身近に見ることのできるものが結構あります。 服用したことのあるエッセンスの植物に出会うのは、本当に楽しい経験です。それがフラワーエッセンスがつくられる植物そのものではなく仲間の植物だとしても、自分が使ったことのあるエッセンスに関連の深い植物に触れるのはとてもうれしい経験です。   センニンソウとボタンヅル クレマティス(Clematis...

続きを読む

自由で豊かな想像力を今この世界に…クレマティス、変化を受け入れて今を生きる…ハニーサックル

クレマティスの未来とハニーサックルの過去 前の記事ではシンプルに、未来と過去という言い方をしましたが、それぞれのエッセンスがどんなふうに「今ここに」意識を向ける助けになるかをもう少し具体的に書いてみましょう。   自由で豊かな想像力を、空想の世界から今ここに クレマティスのフラワーエッセンスが響く典型的なタイプは、空想の世界や夢の中で時間を過ごすパターンをもっています。あったらいいいなぁという未来のことといっても、現実的な目標としての将来ではなくて架空の世界のニュアンスの強いものです。...

続きを読む

クレマティスとハニーサックル

カテゴリー「現状に関心をもてない」 バッチ医師が「現状(現実)に関心をもてない」カテゴリーに分類したエッセンスには、「チェスナットバッドとホワイトチェスナット」以外にも5つのエッセンスが含まれています。 このカテゴリーに含まれるエッセンスは、今自分がやっていることに十分にエネルギー注げないようなパターンがあるときに、選ぶことができるエッセンスです。   クレマティスとハニーサックル この2つのエッセンスの植物はぜんぜん違う(クレマティスはキンポウゲ科、ハニーサックルはスイカズラ科)のですが、どちらもつる性の植物です。...

続きを読む

チェスナットバッドとホワイトチェスナット-2

後半の19のエッセンス チェスナットバッドも、ホワイトチェスナットもバッチ医師が亡くなる前年の1935年につくった19のエッセンス(セカンド・ナインティーン)に含まれています。 それにしても亡くなる前年に半分の19のエッセンスをつくるって、すごいです。つくれる時期は花の咲く時期なので、3月~7月ごろの5か月間と言われています(*1)。ということは、ほぼ1週間に1つのエッセンスというペースです!...

続きを読む

チェスナットバッドとホワイトチェスナット

「傷を負った癒し手」のアーキタイプのテーマがまだ途中なのですが、ちょっとここからどう展開していこうかと考えていてなかなかまとまりません。なので、ちょっとエッセンスのことを・・・   2つのエッセンスを比較する フラワーエッセンスを学ぶときに、2つのエッセンスを比較しながら学ぶとより理解が深まることがあります。1つだけのときより2つを比べることで共通点や違いが際立って感じられます。たとえば・・・   チェスナットバッドとホワイトチェスナット...

続きを読む

12/14 WEB-SEED1無料トライアル

無料トライアル 飛ぶフラワーエッセンス教室のウェブクラス(WEB-SEED1)の雰囲気を体験していただくことができます。ウェブクラスの受講が前提でなくても受けていただくことができます。 内容は以下を予定していますが、参加者の方のニーズや質問を優先したいと思います。 飛ぶフラワーエッセンス教室が大事にしていること ・フラワーエッセンスは自分でいることを助ける ・「ドングリ」について ・耳を傾けること、耳を澄ますこと 日時 2017/12/14(木) 10時30分~11時30分 ※参加者の人数により多少延長になるかもしれません。...

続きを読む

バッチ医師の残してくれたもの

バッチ医師が残してくれたもの 1936年の今日、バッチ医師はこの世を去りました。 その前年には38のフラワーエッセンスの半分の 19のフラワーエッセンスをつくって 独自の体系を確立しました。   バッチ医師が僕らに残してくれたものは物凄く大きなものだと思います。 僕はバッチ医師の信奉者ではありませんが、 今の社会がバッチ医師が残してくれたものから 受け取ることのできるものの大きさは計り知れないと思います。   フラワーエッセンスの背景にあるもの 38のエッセンスの体系自体が与えてくれるものはもちろんですが、...

続きを読む

傷を負った癒し手とフラワーエッセンス(6):セントーリ

傷を負った癒し手とフラワーエッセンス(1):バッチ医師の命日が近づいて 傷を負った癒し手とフラワーエッセンス(2):神話の中のキロン 傷を負った癒し手とフラワーエッセンス(3):不治の傷 傷を負った癒し手とフラワーエッセンス(4):「傷を負った者」と「癒し手」の両方を生きる 傷を負った癒し手とフラワーエッセンス(5):私たちの中のキロン・・・からの続きです。   セントーリ...

続きを読む
1 / 4912345...102030...最後 »
Shares
Share This