フラワーエッセンス・ブログ

フラワーエッセンス ブログ

フラワーエッセンスと植物とこころに関すること

フラワーエッセンスと植物に関連することや、私たちのこころのこと、内面の世界のことを書いています。フラワーエッセンスを飲用して経験したことや、植物を育てたり、観察したりして感じることなども。

 

フラワーエッセンス・クレマチス (クレマティス)とハニーサックル

フラワーエッセンス・クレマチス (クレマティス)とハニーサックル

クレマチス (クレマティス)とハニーサックルを比べてみる クレマティス(クレマチス)も、ハニーサックルも、フラワーエッセンスを最初に開発したバッチ医師が「現実に関心をもてない」というカテゴリーに分類したフラワーエッセンスです。つまり、どちらもいま目の前のことから意識がそれやすい傾向があるときに助けになるフラワーエッセンスです。今自分がやっていることに十分にエネルギー注げないようなパターンです。...

続きを読む
ハンゲショウとドクダミ…その2

ハンゲショウとドクダミ…その2

ハンゲショウとドクダミ ハンゲショウとドクダミ…その1の続きです。ドクダミには、代名詞ともいえるあの4枚の白い十字の、苞(ほう)とか苞葉(ほうよう)と呼ばれる葉が変化したものがありますが、それが葉の変化したものだということは、同じ仲間のハンゲショウと比べてみるとよりわかりやすいと思います。 葉と花穂と苞葉の、形と色と位置関係...

続きを読む
オトギリソウの蕾が付きました

オトギリソウの蕾が付きました

セイヨウオトギリソウは夏至のころにすでに開花していますが、日本のオトギリソウは少し遅くて七夕のころから咲き始めます。ただし、これは自分が育てているものについての観察です。 いまは、蕾がついてかすかに色づき始めています。 蕾が付く直前から、捻じれ、というか、らせんというか、そういう力がはたらくのかな。面白いなあ。    ...

続きを読む
ハンゲショウとドクダミ…その1

ハンゲショウとドクダミ…その1

京都府立植物園のハンゲショウ ハンゲショウ(半夏生)という植物をご存じですか? 水辺というかほとんど水の中に生育するドクダミ科の多年生の植物です。下の写真は今年の夏至の日に京都府立植物園に行ったときのもの。加茂川門から入るとすぐにあります。   半夏生(ハンゲショウ)という名前 ハンゲショウという名前は、七十二候(しちじゅうにこう)という季節を表す言葉のうちの一つが由来のようです。春分とか、立夏とか、夏至とか…の二十四節気をさらに細かく分けた期間です。...

続きを読む
京都府立植物園のウツボグサと、FESのセルフヒールのエッセンス

京都府立植物園のウツボグサと、FESのセルフヒールのエッセンス

ウツボグサとセルフヒール ウツボグサの名前の由来 ウツボグサはシソ科で、ラベンダーなどと同じようにたくさんの花が集まって、下の写真のような花序を形作っている。この植物は6月ごろ田の畔などに群生する身近な植物だ。「ウツボグサ」という名は、この花の形からきているらしい。...

続きを読む
トチノキの下はやっぱり気持ちいい(^^)

トチノキの下はやっぱり気持ちいい(^^)

トチノキは、バッチのホワイトチェスナットとチェスナットバッドの作られるセイヨウトチノキの近縁種で、日本に自生している樹木です。 トチノキは今くらいの時期から葉が次第に茶色く色づき始めます。 その前の時期に、天気のいい日に大きなトチノキの下から上を見上げるのがとても好きです。 風に揺れる葉と、その間から光が漏れてくる感じ。 ヤモリの手のような掌状複葉が左右に独特の揺らぎ方で揺れます。 ということで、短い動画を撮ってみました。...

続きを読む
2年目のセンブリ(6/20)

2年目のセンブリ(6/20)

2月ごろから2年目のセンブリの成長を追いかけてきました(2/19、3/4、3/12、3/30、4/28) )が、ずいぶんセンブリらしい細い葉になってきました。     3月の頃と比べると、違いがよくわかります。      ...

続きを読む
オトギリソウとセイヨウオトギリソウ…植物観察講座 7/19

オトギリソウとセイヨウオトギリソウ…植物観察講座 7/19

セイヨウオトギリソウ(セントジョーンズワート) オトギリソウはオトギリソウ科オトギリソウ属の多年生植物で、FESのフラワーエッセンス「セントジョンズワート(セイヨウオトギリソウ)」の近縁種です。 セントジョンズワートは聖ヨハネの草という意味ですが、ヨハネはイエスに洗礼を授けた洗礼者ヨハネのこと。この聖ヨハネの誕生日とされる6月24日が祭日で、夏至のお祭りとも結びついています。セイヨウオトギリソウは夏至のころにもっともすぐれた薬効を持つといわれています。 日本のオトギリソウ...

続きを読む
ツユクサの露はどこから来る?

ツユクサの露はどこから来る?

ツユクサの露 ツユクサは夏から秋にかけて、早朝から午前中にブルーの花を咲かせる一年草の植物ですが、その名の通り、葉には露がつきます。この露はどこから来たのだろうと考えたことはありますか? 空気中の水蒸気が水滴になったものでしょうか。もちろん、夏の終わりや秋になって明け方の気温がぐっと下がるようなときは、空気中の水蒸気が水滴として葉に付くことがありますが、今は明け方さほど気温が下がるような季節ではないし、こんなにきれいに葉の両サイドに水滴が並ぶのは何か理由があるんじゃないか・・・、なんて考えたりしませんか。  ...

続きを読む
辻井伸行さんの音楽

辻井伸行さんの音楽

僕はクラッシック音楽を聴くことはほとんどないけれども、佐渡裕さんと辻井伸行さんはときどき無性に聞きたくなる。昨夜も無性に聞きたくなって、Youtubeで辻井伸行さんをずっと聞いていた。思わず2曲ほどダウンロード購入もしてしまった。 佐渡さんは河合隼雄先生とのつながりを知ってから。2016年には 河合隼雄財団主催の「佐渡裕さんにきく河合隼雄の思い出 withスーパーキッズ・オーケストラ ミニコンサート」 が京都で開催されて、こんなチャンスは二度とないと思い、妻と二人で出かけた。そのとき感じたことはブログに書いています。...

続きを読む

受付中の講座

フラワーエッセンス・オンライン相談室(無料)

7/19(日) 植物観察講座1オトギリソウ

8/23(日) 植物観察講座2オトギリソウ

第1期オンラインSEED1

8月2日(日)~ 第14期大阪SEED1

8月9日(日)~ 第14期京都SEED1

8月9日(日)~第11期京都SEED2

ブログ記事カテゴリー

Newsletter

Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して送信をクリックしてください。

講読解除をご希望の方はメールアドレスを入力して講読解除を選択し送信をクリックしてください。ご購読ありがとうございました。

フラワーエッセンス個人輸入代行SEEDS

フラワーエッセンス輸入代行SEEDS

ニュースレター登録

Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して送信をクリックしてください。

講読解除をご希望の方はメールアドレスを入力して講読解除を選択し送信をクリックしてください。

ご購読ありがとうございます。

ご登録いただきありがとうございます。

Share This