フラワーエッセンス・ブログ

フラワーエッセンス ブログ

フラワーエッセンスと植物に関連することを中心に自分の可能性の種子を芽吹かせることについて書いています。

 

2月のチェリープラム

昨日、大阪市立大学の植物園に行って来ました。 チェリープラムはバッチ医師が、亡くなる前年につくった後半の19のエッセンスの1つです。その中でも春先にもっとも早く開花する植物で、イギリスでは、チェリープラム、エルム、アスペンがほぼ同じころ(2月下旬から3月にかけて)に開花するようです。(*1) 日本ではエルムが一番早いのではないかと思います。小石川植物園のエルムは3月10日ごろだと思います。大阪市立大学附属植物園のチェリープラム(ミロバランスモモ)は3月下旬に開花します。 で、今のチェリープラムはこんな感じです。...

続きを読む

2月のスターオブベツレヘム

先日、岡山の実家に帰ったときに、スターオブベツレヘムとヤロウを植えている場所に様子を見に行ってきました。 スターオブベツレヘムが地上に葉を出し始めるのは冬至のころですが、それが少しずつ伸びて今はこんな感じです。最初の葉は写真のように太くて棒状でほとんど真っすぐ上に向かって伸びますが、もっと季節が進んでくるとだんだん細い葉も出てきて、葉を地面に横たえるようになります。4月上旬になると、そこから蕾が出てきます。 スターオブベツレヘムの動画 以前につくったフライドショーです。 https://vimeo.com/245492628...

続きを読む

リンドウ科のセンブリ(Swertia japonica)、その形の変化

センブリはリンドウ科の植物です。バッチのエッセンスだと、ゲンチアンやセントーリの仲間ですね。   センブリは2年草です(バッチのゲンチアンやセントーリも2年草です)が、2年草は1年目をロゼットで過ごして、花をつけるのは2年目です。そして種子をつくって2年で枯れていきます。このサイクルがとても興味深いです。   個人的には、この辺の植物のジェスチャーがゲンチアンやセントーリが目覚めさせてくれる自分自身への信頼と関連があるのでは・・・・なんて考えたりします。  ...

続きを読む

人の助けになることと、「影」にどうかかわっていくかということ

僕はフラワーエッセンスのプラクティショナーや講座の講師として人の心にかかわる仕事をしているわけですが、そうすると、そういう仕事を選んだ自分の動機は、クライエントの人や受講している人たちの助けになりたい、人を援助したいということだと思っているし、おそらく周囲からもそう思われているだろうと思います。 けれども、このような仕事に正面から向き合っていると、人の心はそんなに単純ではないということがわかってきます。  ...

続きを読む

種子が目覚めるための、眠りの時間

キャロル・ピアソン氏は著書『Awakening the Heroes Within (amazonへのリンク)』(『英雄の旅 ヒーローズ・ジャーニー 12のアーキタイプを知り、人生と世界を変える (amazonへのリンク)』の中で、鍵は、他の誰かになろうとすることをやめて、この体と心をもって生まれてきた自分が、今ここにいる理由(意味)を見出すことだと言っています。   植物が花を咲かせるのに必要なものは、 光や水や季節などの環境以外、 すべて種子の中にもって生まれてくるように、 僕らの中の種子も...

続きを読む

種子の力を信じて見守る眼差し

種子の力を信じて見守る眼差しとは どんなものでしょう。   どんな人の中にある種子も、 種子は自分の力によって、 自分の中の自然の力によって、 芽吹きます。 その力は決して外側から 与えられる力ではありません。   ドングリは生まれた木から何千キロも離れたところに運ばれ、誰に教えてもらわなくても、完璧なオークの木になるすべを知っている。(Dr. Edward Bach)*1 オークになるすべを知っているのは オークのドングリであって、 他のドングリではありません。 芽吹くすべは、他の誰かが教えられる...

続きを読む

眠っている種子が目覚めるための環境

誰の心の奥にもある、ずっと大切にしてきた領域は、 自分でもあまり意識したことのないような、 心の中に眠っている種子のようなもので、 自分が自分のままでいいんだという感覚は、 それと僕らがどんなふうにつながっているかということに 関係あるんじゃないかと思います。   心の中に眠る種子にとって 光や水が得られる環境はどんなところでしょう。 種子が自分の力で芽吹くことを 信頼して見守る眼差しのある場ではないかと思います。 春になればサクラが咲くことを 僕らが信じて疑わないのと同じように。  ...

続きを読む

眠っている種子が目覚めるとき

  誰の中にも心の奥にずっと大切にしてきた領域があって、 その領域を通して他の人とつながることができたとき、僕らは、 ああ、自分は自分のままでいいんだ、 自分でいることは嬉しいことなんだ、 と実感できるんじゃないかと思います。 それは、いわば人の心の中に眠っている「種子」のようなものかもしれません。   眠っている種子に触れてみただけでは、 それがどんな植物に育つのか、 どんな花を咲かせるのかを予測するのは難しいでしょう。   けれども、植物の種子がそうであるように、...

続きを読む

届けたいところ

人が心に抱える悩みや苦悩、苦痛は、 その人が属している社会のあり方と無関係ではないように思います。 大きな意味では裏と表の関係といえるかもしれません。   その社会が価値を置くもので網をつくって、 それですくえば必ずそこにはこぼれ落ちるものがある。 こぼれ落ちるものを見れば、どんな網なのかは大まかにわかる。 その社会の価値観の網からこぼれ落ちるものの中には   社会のあり方とは関係なく尊いものがあると思うし、 その社会にとって本当は物凄く大切な種子が眠っている。   そんな種子が芽吹くための  ...

続きを読む

受付中の講座・植物観察会

フラワーエッセンス・トライアルレッスン

 

ヤロウ観察会

 

フラワーエッセンス 1-Day ワークショップ

Newsletter

Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

講読をご希望の方は以下のフォームにご登録ください。

講読解除をご希望の方はメールアドレスを入力して講読解除を選択し送信をクリックしてください。ご購読ありがとうございました。

過去のNewsletter

2/3 Newsletter-第59号「フラワーエッセンス・メール講座第1回」
2/8 Newsletter-第60号「フラワーエッセンス・メール講座第2回」
2/12 Newsletter-第61号「フラワーエッセンス・メール講座第3回」
2/16 Newsletter-第62号「フラワーエッセンス・メール講座第4回」
2/24 Newsletter-第63号「フラワーエッセンス・メール講座第5回」
3/1 Newsletter-第64号「フラワーエッセンス・メール講座第6回」
3/7 Newsletter-第65号「フラワーエッセンス・メール講座第7回」
3/13 Newsletter-第66号「フラワーエッセンス・メール講座第8回」
3/24 Newsletter-第67号「フラワーエッセンス・メール講座第9回」
4/3 Newsletter-第68号「フラワーエッセンス・メール講座第10回」
4/12 Newsletter-第69号「フラワーエッセンス・メール講座第11回」
4/30 Newsletter-第70号「フラワーエッセンス・メール講座第12回」
5/9 Newsletter-第71号「フラワーエッセンス・メール講座第13回」
5/16 Newsletter-第72号「フラワーエッセンス・メール講座第14回」


フラワーエッセンス個人輸入代行SEEDS

フラワーエッセンス輸入代行SEEDS

Share This