フラワーエッセンス・ブログ

フラワーエッセンス ブログ

フラワーエッセンスと植物に関連することを中心に自分の可能性の種子を芽吹かせることについて書いています。

 

フラワーエッセンスのエネルギーを感じるには…

エネルギーについてのあるエピソード ヒーリングスクールに在学中や卒業後に「ヒーリングクリニック」に何度か参加したことがある。在学生や卒業生のヒーラーたちが手弁当で集まって各地に出向いて、各グループ3、4人のチームを組んで行う無料のヒーリングクリニック。 2011年の震災の後、裏磐梯で開催されたクリニックに参加した。そして原発事故から避難されていた方々にハンズオンヒーリングをやらせていただいた。...

続きを読む

オトギリソウの花は夕方閉じる

昨日の夕方、ちょっと時間ができたのでオトギリソウの花を描こうと思って見てみると、 閉じてるー。 夕方5時。 オトギリソウの花は一日花なんですね。 今朝6時前に見ると、次の花が2つ、開いていく途中でした。 昨日咲いていた花(開いている2つの間の花)は閉じたままです。...

続きを読む

心を開いて何もしないでいる

河合隼雄先生の言葉 ・・・僕らの仕事の物凄いむつかしいところなんです。 その子の立場に立ってというか、 その子に心を開いてということと、 その子にこちらがなんかしてやるのとは違うんですねぇ。   ところが、どーーーしてもはじめは、ついしてやることになります。 これはもう物凄い恐ろしいことです。   あの、偉そうに言ってますが、 今でも私は自分でそう思います。   もうこんなむつかしいことはありません。   その、心は開いているけれども、 何もしないなんてのは、...

続きを読む

ヤロウの花の細部

ヤロウの蕾は糸のようなたくさんの毛でおおわれています。というか、葉や茎にもこの細かく長い毛が蕾ほどではありませんがあるのですが、肉眼ではなかなか見えません。 下の写真は、舌状花が開き始めるところ。舌状花は紙を筒状に丸めたような形から開いていきます。舌状花には雌しべだけがあり、ギリシア文字の「γ」のような形の柱頭が見え始めています。...

続きを読む

小さな蕾をつけたオトギリソウを描いてみた

最近、ヤロウ(セイヨウノコギリソウ)ばかり観察しているので、違う植物を描いてみたら違いがクリアになって、よりヤロウのエネルギーを感じられるんじゃないかと思って、小さな蕾のついたオトギリソウを描いてみました。まだ、途中ですが・・・ 描いてみると、ヤロウとの違いがよく感じられますが、なかなか言葉になりません(^^;...

続きを読む

フラワーエッセンス・ワークショップ「心をつかって声を聴く」の様子

6月23日に開催したフラワーエッセンス・ワークショップ「心をつかって声を聴く」に参加してくださった皆様、ありがとうございました。 楽しく、学びに満ちた一日となりました。 ほとんど同じ内容(エッセンスは変わります)のWSを2019年11月16日に東京で開催します。 ⇒自分の根に養分を与える 1-Day ワークショップ「フラワーエッセンスの作用と体験をつなぐ」@東京  ...

続きを読む

ホーンビームの果実

6月22日にヤロウ観察会を大阪市立大学附属植物園で開催しました。 ここには、チェリープラム、オーク、ホーンビーム、ホワイトチェスナットなどバッチのエッセンスになっている樹木があります。...

続きを読む

飛ぶフラワーエッセンス教室・6月からはじまるクラス

6月から始まる飛ぶフラワーエッセンス教室 6/16(日)~ SEED1(フラワーエッセンス基礎1講座)@大阪 6/16(日)~ SEED2(フラワーエッセンス基礎2講座)@大阪 6/22(土) ヤロウ観察会&ウェブ講座 6/23(日) フラワーエッセンス 1-Day ワークショップ「 心をつかって声を聴く」 飛ぶフラワーエッセンス教室が大事にしていること  自分自身のことに取り組みながら学ぶ体験型講座 私たち人間も自然の一部という視点を大切に学ぶ フラワーエッセンスを植物の癒しの力の一つとして学ぶ 体験や経験を通して学ぶ...

続きを読む

ヤロウの開花

ヤロウ(セイヨウノコギリソウ)の花が咲き始めました。 ヤロウはキク科の植物で、キク科の植物はたくさんの花が集まって1つの花のような形(頭状花)をつくっています。 たとえば、ヒマワリの花(頭状花)はたくさんの筒状花と舌状花が集まってできています。 ヤロウは、その頭状花がさらにたくさん集まって花序を形成しています。 2枚目の写真はちょうど舌状花が開き始めたところですが、紙を縦に丸めたような状態から開いていくんですね!!         [button...

続きを読む

ヤロウの蕾がつきました~6/22 ヤロウ観察会+ウェブ講座

ヤロウの蕾がつきました 鉢で育てているヤロウに蕾がつきました。 一日一日と成長しています。 今年はヤロウの観察会を開催します。 6/22 ヤロウ観察会@大阪市立大学附属植物園 ヤロウのフラワーエッセンスは、 FESのフラワーエッセンスの中で重要な位置を占めるエッセンスの1つで、 自分と人との境界など、 「境界」のテーマに取り組む際には欠かせないエッセンスです。   この観察会(+ウェブ講座)では、 境界とヤロウの特徴についてウェブ講座で学んだ後、 実際にヤロウに触れ、形や色を体感することで、...

続きを読む

レッドチェスナット観察会の様子

ゴールデンウィーク最終日の昨日、京都府立植物園でレッドチェスナットの観察会を開催しました。 この観察会は、フラワーエッセンスの視点から植物を観察する観察会で、 ゲーテの自然観察のアプローチが土台となっています。   ここ数年、毎年ゴールデンウィークの最終日に開催していますが、 今年は開花が例年より少し遅いように思います。 あと数日すると満開というところでしょうか。 満開になると、樹全体が柔らかい空気に包まれるような印象があります。   参加者の方は、花や葉の実際の大きさを測って調べたり、...

続きを読む

スターオブベツレヘム観察会の様子

先週の水曜日、京都府立植物園で、スターオブベツレヘム観察会を開催しました。 この観察会は、フラワーエッセンスの視点から植物を観察する観察会で、 ゲーテの自然観察のアプローチが土台となっています。   心配していた天候は、 お昼休憩の間だけ降っていましたが、 観察中はまったく問題ありませんでした(^^)   天候のせいか園内の人も少なく、観察を中断されることも一度もなかったので、 集中してスターオブベツレヘムとの時間を過ごすことができました。   花と人のこころが響き合っている様子は美しいですね。...

続きを読む

スターオブベツレヘムの蕾

「2月と3月のスターオブベツレヘムとヤロウ」の記事で、2月と3月の様子をご紹介しました。 記事で紹介したものとは違うものですが、昨日京都府立植物園のスターオブベツレヘムの様子を見てきました。 小さな蕾がついているものも、かなり蕾が膨らんできているものもあります。...

続きを読む

「チェリープラムとカタクリの花」植物観察会の感想-4

  観察会の参加者の方の感想の一部をご紹介します。 「チェリープラムとカタクリの花」植物観察会の感想 ヤロウの葉の手触り。タンジーの葉の香り。風に乗るような形のシデの花。簡単にやぶれたりしないオークの落ち葉。風が吹くと雪のように舞うチェリープラムの淡い色の花びら。植物たちの今の様子をひとつひとつ確かめるように見ていくことができました。その中でも印象に残っていたのは、意外にもカタクリでした。  ...

続きを読む

トチノキが芽吹きました

トチノキを育てています。 2016年の秋に拾ってきた実を鉢の中に埋めておいたら、2017年の春に芽吹きました。 毎年冬芽から新しい葉が展開していくところを観察しています(^^) セイヨウトチノキ(ホワイトチェスナット)でいうと、チェスナットバッド状態です。  ...

続きを読む

受付中の講座・植物観察会

SEED1

フラワーエッセンス Online 無料トライアル

ブログ記事カテゴリー

Newsletter

Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して送信をクリックしてください。

講読解除をご希望の方はメールアドレスを入力して講読解除を選択し送信をクリックしてください。ご購読ありがとうございました。

フラワーエッセンス個人輸入代行SEEDS

フラワーエッセンス輸入代行SEEDS

※FESの商品が2/18から15%程度値上げとなります。

Share This