エドワード・バッチ 医師(Dr. Edward Bach:1886-1936)

バッチ医師は50歳の誕生日に
初めてフラワーレメディ(エッセンス)についての講演「Healing by Herbs」を行いましたが、
その年の11月27日に亡くなりました。
前年には彼が残した38種のフラワーレメディのうち、
19種のレメディをつくりました。
まさに、フラワーレメディをこの世界に送りだすための人生であったかのようです。

フラワーエッセンスを使う方には、
まずバック医師の人生がどのようなものであったかをぜひ知っていただきたいと思います。
もしバック医師がいなかったら、
私たちは今フラワーエッセンスを手にしていないかもしれないのですから。

バッチ医師は1886年9月24日、英国バーミンガムの近くのモズリーという村に
3人兄弟の長男として生まれました。

彼は若いころから自然を愛する人でした。
一旦は父親の鋳物工場で働きますが、
1906年20歳のときにバーミンガム大学に入学し、医学の道に入りました。

そして医学の分野で多くの学位を取りましたが、医学の成果に満足せず、
痛みのない新たな治療法を求めて常に研究をしていました。

1914年(28歳)に第1次世界大戦が勃発し、
翌年はロンドンで負傷兵の治療にもあたりました。
そのような激務の中、31歳のとき大量出血を起こして倒れ、
癌で余命3ヶ月と宣告されます。

彼は残された日々を魂の声にしたがって研究に捧げる決意をし、
研究に没頭しました。
すると身体は徐々に回復し、数ヶ月後には健康になっていました。

研究の成果はワクチンの開発という形で実を結びました。
それは腸内の病原性バクテリアを使ったワクチンで、
慢性病治療に優れた効果を発揮しました。
腸内バクテリアを7つのグループに分け、
7種類の経口ワクチンをつくったのです。
これはバック医師が
患者の性格と腸内バクテリアの間に
関連があるという洞察を得た最初の発見でした。

彼は患者の振る舞いや回復状態の変化を注意深く観察しました。
それだけではなく、
患者が内面の葛藤をどのように処理しているかなどにも注目しました。
このとき彼は患者の性格や態度が肉体的に与えられた治療よりも
重要な役割を果たしているかもしれないという認識を持ち始めます。

つまり、病気はたましいと心と身体の不調和の結果であり、
病気が肉体の領域に現れる前に、
たましいと心の葛藤に気付いて、
それを調和させることができれば、
病気を防ぐことができると考えたのです。

エドワード・バッチ 医師の人生・・・その2

エドワード・バッチ 医師の人生・・・その3

—————–
参考文献

・Jessica Bear 『Practical Uses and Applications of the Bach Flower Emotional Remedies』Balancing Essentials Press, 1990
The Bach Flower Research Programme