バッチのフラワーエッセンス

バッチのフラワーエッセンス (39)

フラワーエッセンス( バッチフラワーレメディ )は、イギリス人医師エドワード・バッチ(Edward Bach)によって1920年代の末から30年代半ばかけて開発されました。バック医師は、自然の花(植物)と人間の心が響きあうことを見出し、38種類のフラワーエッセンスと1種類のフォーミュラ(5つのフラワーエッセンスの組み合わせ)をつくりました。

 

 

フラワーエッセンス解説

フラワーエッセンス・クレマチス (クレマティス)とハニーサックル

フラワーエッセンス体験談

→ フラワーエッセンス体験談ー飛ぶフラワーエッセンス教室SEED2修了課題

(スターオブベツレヘム、ファイブフラワーフォーミュラ、ワイルドオート、パイン、ミムルス、マスタード、チコリ、オリーブ、ウォータバイオレット、ラーチ、アスペン、ウォルナット、クレマティス)

ニュースレター登録

Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して送信をクリックしてください。

講読解除をご希望の方はメールアドレスを入力して講読解除を選択し送信をクリックしてください。

ご購読ありがとうございます。

ご登録いただきありがとうございます。

Share This