セントーリ (セントーリー) /Centaury

リンドウ科シマセンブリ属 学名:Centaurium erythraea 和名:ベニバナセンブリ

 

セントーリのフラワーエッセンスの性質

・自分自身を満たした上で他者を思いやり他者のために行動することができる。

【経験しやすいパターン】
・意志が弱く、他者の言いなりになりやすい 。他者を喜ばせることに依存する。自己のニーズよりも他者のニーズを優先するために、「ノー」と言うことが出来ない。

 

セントーリを日常生活で使う

・セントーリは意志の力を強めます。

・人に喜んでもらうことを大切に思う意志の弱い人が、自分のために人に対して「ノー」というのを助けます。

・生きる意欲を失いかけているようなときに。セントーリは生きる意志を徐々に根付かせます。

・人に対して、優しさだけでなく「愛のむち」が必要なとき。

・他者の要求に応えるために自分の人生をあきらめることを当然と思うような人に。たとえば、子供たちのためだけに生きている完璧な母親。慈善事業の奉仕のために消耗し切っている人たちなど。

植物としてのセントーリの特徴

二年草で、高さ30~40cmになり、茎の断面は四角形。葉は対生し、長楕円形で全縁(*1)。根生葉はロゼット状に広がります。開花期は6月~8月で、茎の先に集散花序をつくり、直径1cmほどの淡紅色の花をつけます。合弁花で花冠は5裂します。

属名のErythraeaは赤を意味するギリシャ語のerytrosに由来しています。古い属名はChironiaと呼ばれていていました。これは ギリシャ神話に登場するケンタウルスのケイローン(キロン)に由来しています。彼はあらゆる薬草を用いた治療法をマスターし、一説には、ヒュドラーの血に 毒された弓矢で負った傷をこの植物で治療したと言われています。英語名のCentaury(セントーリ)も同じ由来によるものです。

古代の人々はこの植物が非常に苦かったことから、Fel Terrae(大地の胆汁)とか、地球の胆汁と呼んでいました。

ヨーロッパ原産の帰化植物ですが、大正時代に園芸目的で導入されたものが野生化したようです。

日本ではベニバナセンブリと呼ばれていますが、非常によく似た近縁種のハマハナセンブリも帰化していて、ハマハナセンブリの方が見つけやすいようです。

以下の写真は近縁種のハナハマセンブリ(Centaurium tenuiflorum)@枚方市

参考文献

・ジュリアン・バーバード/マーティーン・バーナード 『Dr バッチのヒーリングハーブス』スミス マキコ訳 BABジャパン、2003

・A Modern Herbal https://www.botanical.com

・Edward Bach, The Twelve Healers and other remedies, CW Daniel Company, 1936

・Jessica Bear, Practical Uses and Applications of the Bach Flower Emotional Remedies, Balancing Essentials Press, 1990

Shares
Share This