ロックローズ/Rock Rose

ハンニチバナ科ヘリアンテムム属 学名:Helianthemum nummularium

ロックローズのフラワーエッセンスの性質

・大きなチャレンジに直面したとき、それに立ち向かい超えていくことのできる勇気。いざというとき恐れを勇気と冷静さに変え、人生の危機や大きな挑戦に直面できる。

【経験しやすいパターン】
・恐怖やパニックによる麻痺に近い状態。死や消滅に対する恐怖。

バッチ医師のロックローズの解説

The rescue remedy. The remedy of emergency for cases where there even appears no hope. In accident or sudden illness, or when the patient is very frightened or terrified, or if the condition is serious enough to cause great fear to those around. If the patient is not conscious the lips may be moistened with the remedy. Other reme dies in addition may also be required, as, for example, if there is unconsciousness, which is a deep, sleepy state, Clematis; if there is torture, Agrimony, and so on.

ロックローズを日常生活で使う

・あらゆる原因によって起こる恐怖やパニックに。

・ヒステリックで過度に大げさに反応する人、日常のことにもすぐに興奮してしまう人を落ち着かせます。

・学校や家で過度に反応し興奮して叫び声をあげる子供に。

・病的なパラノイアタイプの恐れに打ち勝つのを助けます。

・悪夢や夜驚症に。

・喘息の前後でパニックを落ち着けるのに。

植物としてのロックローズの特徴

ヨーロッパ原産の常緑の小低木。属名はギリシャ語で「太陽の花」の意味で、日当たりがよく乾燥した地を好み、貧栄養土壌でもよく育ちます。

匍匐性の枝が地面を這って広がり、そこから立ち上がる茎に花が付きます。花弁は黄色で5枚。直径は2~2.5cm。蕾の状態のときは下を向いています。

ほとんどのハンニチバナ科植物は、セイヨウショウロ属菌とという細菌と共生することができ、貧栄養な土壌でも生息することができます。

また、種子は次のシーズンには発芽せず、長い間休眠しています。種子の表面は堅くて非透水性ですが、山火事になると、熱の影響で種子の表面が柔らかくなったり、ひびが入ったりして発芽し、他の植物よりも有利にその土地に根付くことができます。

参考文献

・ジュリアン・バーバード/マーティーン・バーナード 『Dr バッチのヒーリングハーブス』スミス マキコ訳 BABジャパン、2003

・Edward Bach, The Twelve Healers and other remedies, CW Daniel Company, 1936

・Jessica Bear, Practical Uses and Applications of the Bach Flower Emotional Remedies, Balancing Essentials Press, 1990

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelica Newsletter

フラワーエッセンスと関連植物の情報や、Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

 

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して登録をクリックしてください。

ありがとうございます。ご登録が完了しました。