エドワード・バッチ医師の命日に思ったこと

★この記事は更新から1年以上経過しています★

 

昨日は、フラワーエッセンスをこの世に残してくださったEdward Bach先生の命日でした。

1936年11月27日だから、ちょうど80年。

 

バッチ先生は、フラワーエッセンスを通して

「健康」とか「幸せ」って呼ばれているものを

僕らが自分たちの手に取り戻すことを

手助けしたかったんじゃないかと、僕は思います。

 

科学技術の進歩によって、

今僕らが生きている世界は、

80年前とは比べ物にならないくらい便利で、

物質的に豊かな世界だと思いますが、

その一方で置き忘れてきたものがあることも

確かなように思います。

 

僕らは両手ですくったものにばかり目を奪われて、

その指の間からこぼれ落ちていくものを見逃してしまいがちです。

 

こぼれ落ちていくものを気にしていては、

社会から置いていかれるので、

それもある程度しかたないことなのかもしれません。

 

けれども、こぼれ落ちるものがどうしても気になったり、

どうしても無視できない人もいると思います。

 

そういう人にこそ

フラワーエッセンスを届けたいと思います。

 

violet_20161122_527

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Shares
Share This