フラワーエッセンスを身近な人に…

★この記事は更新から1年以上経過しています★

家族や友人など身近な人と一緒にフラワーエッセンスを使うことができればとてもいいですよね。

花のエッセンスが自由に使えるところにあれば

子どもたちは自然に自分に必要なものを使うようになる、

という話を友人などから聞くことがあります。

 

僕の経験から言っても小学校低学年くらいになれば、

花の写真を見ながらそれがどんなところに咲いているどんな花で、

その花からつくられるエッセンスがどんなふうに助けてくれるのかを簡単に説明すれば、

自分で必要な花を選ぶことができます。

 

中には目を輝かせて生き生きとしてフラワーエッセンスを選ぶ子供たちがいます。

そしてその選ぶ花の見事なこと!

人は本来そういう力をもっているんですよね。

そういうセッションは本当にこちらが「希望」をもらいます。

 

そういうとき僕はいつも思い知らされます。

人は本来自分に必要なものは自分で知っていて、

助け手にできるのはそれが自由にはたらくことのできる場をいかに作れるかなんだと。

 

だから子どもたちや家族や友人など、とくに自分に近い関係の人にフラワーエッセンスを手渡すときは、

フラワーエッセンスに自由に触れることのできる場をつくったり、選ぶところを見守ったり、手助けしたりするのがいいと思います。

 

とても近い関係の相手にエッセンスを選ぶのはとても難しいということも理由の一つにあります。

たとえばお母さんが子供のためにプラクティショナーのようにエッセンスを選ぶことができるかと聞かれれば

僕はきっぱりNoと答えます。

 

お母さんはお母さんであって、親友は親友であって、それが自然なのだから、

その立場でその関係で、フラワーエッセンスに自由に触れることのできる場をつくったり、

選ぶところを見守ったり、手助けしたりするのがいいと思います。

 

yamabuki_20080406

 

1/17, 2/21 – フラワーエッセンスヒーリング大阪12/21, 22 – フラワーエッセンスヒーリング@東京フラワーエッセンスヒーリング京都

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Shares
Share This