フラワーエッセンスの勉強法

フラワーエッセンスの勉強法:効果や作用を覚えるだけでは…

フラワーエッセンスを知った時、「花のエッセンスが心を癒すんだ。ここには何か大切なものがある」と直感して勉強を始めたのですが、最初に何をやったかというと、必死でエッセンスの性質を覚えることでした。けれども、それでは実感をもってフラワーエッセンスを使うことはできませんでした。

みなさんはどうでしたか?

フラワーエッセンスを実感をもって使うには

フラワーエッセンスは基本的な使い方を理解すれば、比較的簡単に、しかも安全に誰でも使うことのできる自然療法です。

この簡単さは物凄く大きな魅力です。

インターネットの情報や入門書を読むだけでもフラワーエッセンスを勉強することはさほど難しくないかもしれません。

実際にそうして日々フラワーエッセンスの効果を実感している方もいらっしゃると思います。

フラワーエッセンスの世界観を理解する

もちろん、その手軽さこそが魅力なので、それはそれでありなのですが、その背後にあるフラワーエッセンスの世界観を理解して、フラワーエッセンスと自分の関係、植物と自分の関係を育てていくことができると、フラワーエッセンスの作用をもっともっと深く実感したり、受け取ったりすることができるようになります。

フラワーエッセンスはとてもシンプルですが、深く学べば学ぶほど計り知れない豊かさを私たちに運んできてくれます。

フラワーエッセンスの世界に踏み出していくことは、日常の様々なストレスや困難を自分自身で乗り越えていくための強い味方を得ると同時に、私たちを生かしている自然の世界の不思議へと旅を始めることでもあります。その旅を楽しんでいただければと思います。

フラワーエッセンスの作用を経験し、他の人と共有する

フラワーエッセンスの作用は共振(共鳴:ひびきあうこと)によるものです。

フラワーエッセンスには花のもっている自然の情報が含まれていますが、それは自然の一部でもある人間の内面にも同じようにあって、響き合うことで作用します。だから、内面の状態によって作用の現れ方には個人差があるのがふつうです。

たとえば、共振作用というと音叉の実験を思い出す方も多いかもしれません。同じ音叉を二つ並べておいて、一方だけを鳴らすともう一方もなり始めるというものです。

一つがフラワーエッセンス、もう一つがそれに響き合う心だとしたら、人の心の場合は、その二つの間に壁があったり、壁の厚さや材質がいろいろだったり、すぐには近づけない距離があったり・・・。

最終的には共振して同じように鳴り始めるとしても、その音がどんなタイミングで、どんなふうに鳴り始めるか、聞こえてくるかは、人によってかなり違ってきます。

だから、少なくてもいいから自分の体験として、このフラワーエッセンスは自分にとってこんな感じというものを育てていくのがいいと思います。そして、自分以外の人と経験をシェアすることのできる場をもつのがいいと思います。それがエッセンスと人の心の響き合いの豊かな関係を学ぶための最良の方法だと思います。

 

飛ぶフラワーエッセンス教室

飛ぶフラワーエッセンス教室

 

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Shares
Share This