フラワーエッセンス療法の三者の関係

★この記事は更新から1年以上経過しています★

こんなものをつくってみた。とりあえず図だけアップ。

 

フラワーエッセンス療法

 

1 Comment

  1. takahara

    フラワーエッセンスの三者の間の関係というか、通路についての図です。かなりマニアックな図なので興味のある方は少ないと思うので、あえて解説はしないでおきます。

    バッチ医師が言っているように、「たましいと心の葛藤に気付いて、それを調和させる」ことができるように助けるのがプラクティショナーの役割だと思います。図で言うと、[d]の関係に折合いがついたり、よりよい関係に移行していくのを助けること。それを他のすべての関係(通路)を通して行うのがプラクティショナーだろうと思います。

    Reply

Submit a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelica Newsletter

フラワーエッセンスと関連植物の情報や、Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

 

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して登録をクリックしてください。

ありがとうございます。ご登録が完了しました。