フラワーエッセンス療法の三者の関係

★この記事は更新から1年以上経過しています★

こんなものをつくってみた。とりあえず図だけアップ。

 

フラワーエッセンス療法

 

コメント1件

  1. takahara

    フラワーエッセンスの三者の間の関係というか、通路についての図です。かなりマニアックな図なので興味のある方は少ないと思うので、あえて解説はしないでおきます。

    バッチ医師が言っているように、「たましいと心の葛藤に気付いて、それを調和させる」ことができるように助けるのがプラクティショナーの役割だと思います。図で言うと、[d]の関係に折合いがついたり、よりよい関係に移行していくのを助けること。それを他のすべての関係(通路)を通して行うのがプラクティショナーだろうと思います。

    返信する

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Shares
Share This