ワークショプ「バウンダリーと内面の子ども」の契機になったこと

★この記事は更新から1年以上経過しています★

 

10月から飛ぶフラワーエッセンス教室の中に

新たに加わったワークショップ「バウンダリーと内面の子ども~世界と自分との関係を癒す」。

 

このワークショップは講座の中で行う服用期間のシェアが発展したものです。

もともと飛ぶフラワーエッセンス教室の講座は知識の習得だけでなく、

自分でいられる安全な場を提供することを目的としています。

グループの個性によって、その比重のバランスにはある程度幅があります。

 

ワークショップはその比重を全面的に場の提供に置くことを

目的としているわけではありません。

知識の習得と場の提供の比重自体を変えるのではなくて、

テーマを「境界」と「内面の子ども」に絞ってやってみようということです。

内なるたましいの旅という視点から。

 

そう思うようになったのは、

講座の、あるグループがクラスでシェアを重ねていくことを通して

個人のテーマとグループ全体のテーマが重なって

「内面の子ども」の癒やしにつながるような方向に

次第に深まっていくという経験をさせてもらったことが契機になりました。

飛ぶフラワーエッセンス教室自体が生み出したワークショップという感じです。

さあ、このワークショップはどんなふうに成長していくでしょう。

楽しみです。

 

※第1期のワークショップは満席となりました。第2期の京都や大阪での開催も検討中です。実習に際してある程度グループの安定した場やフラワーエッセンスの知識が必要なことから、現在のところSEED1を修了された方に限定させていただいています。

 

ワークショップ「バウンダリーと内面の子ども~世界と自分の関係を癒す」

 

 

 

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Shares
Share This