自分に一番響く経験をしたフラワーエッセンス「スターオブベツレヘム」

自分に一番響く経験をしたフラワーエッセンス「スターオブベツレヘム」

スターオブベツレヘム

次の文章は飛ぶフラワーエッセンス教室SEED1とSEED2(併せて約1年間)を受講した方の修了課題として提出されたものです。SEED1、SEED2では毎回選んだフラワーエッセンスを約1か月服用して次の講座のときに、その経験を振り返りますが、その中で最も印象に残ったエッセンスについて書かれています。(もちろん、経験の詳細は公開できる範囲で書かれています。)

フラワーエッセンスがどのように使われ、どのような経験をされているかという情報の一つとして役立てもらえればうれしいです。経験を形にしてくれたSEED2修了の皆さんに感謝します。

 

一番印象に残るエッセンスは、「スター・オブ・ベツレヘム」です。なぜこのエッセンスを選んだのかというと、自分の内面の奥深くにどこか癒されていないものがあり、そのため、前へ進む力が妨げられていると感じたからです。

 

この数年、一つ一つがとても重くて辛い出来事がこれでもかと押し寄せ、自分ではどうすることもできずにいました。資格を取得したり、忙しく自分を駆り立てることで、何とか日常をやり過ごすことしかできませんでした。

 

そんな中、ご縁でこちらの教室にお世話になり、エッセンスについて学んでいくなかで、自ずと自分に向き合わざるを得ない状況になりました。

 

そこで、今まで放置され、癒されていない自分の中にある何かに気がつき、逃げずにこの傷と向き合おうと決心したのが、このエッセンスを選んだ経緯です。

 

エッセンスの「心の深い傷を癒し、心や体のエネルギーバランスを回復させる。」という特徴が、日常のなかで特に目立った変化や経験はなかったものの、無意識の奥深くに沈んでいる気持ちに、触媒となって働きかけてくれたのではないかと思います。

 

自分に向き合う気持ちを持つことで、固く閉された殻にヒビが入り、内在する光を見出し、新しい行動を起こすきっかけとなりました。

 

もともと自然や芸術作品など、美しいものが昔からすごく好きなのに、それらを楽しむことにブレーキをかけてしまう自分がいました。楽しむことをゆるさないことで、自分を罰していたのかもしれません。

 

この時期に思い切ってウクレレを始めたり、写真展を観に行くなど、行動を起こすことができたのも、再び自分とつながることができたことが大きいのではないかと感じます。

 

思い通りにならない、どうしようもない自分でも、「まぁ、いいか。それも自分」と思い、赦していくことに決めました。

 

生きている限りいろいろなことがあり、人の力では及ばないことも多いですが、どんなときにもそこに在り続ける自分に宿る光を信じ、生きていきたいと思います。

 

思い込みや制限を外せば、思いがけない自由な世界が広がっているのかもしれないと思えるような気がしています。

 

 

スターオブベツレヘム

スターオブベツレヘム

 

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Shares
Share This