自分に一番響く経験をしたフラワーエッセンス「パイン」

自分に一番響く経験をしたフラワーエッセンス「パイン」

自分に一番響く経験をしたフラワーエッセンス

次の文章は飛ぶフラワーエッセンス教室SEED1とSEED2(併せて約1年間)を受講した方のSEED2修了課題として提出されたものです。SEED1、SEED2では毎回選んだフラワーエッセンスを約1か月服用して次の講座のときに、その経験を振り返りますが、その中で最も印象に残ったエッセンスについて書かれています。

こうした文章はとても私的な内容を含むので、必ずしも公開を勧めているわけではありません。公開しないで自分自身と、一緒に学んできたグループの中だけにしまっておくことを勧める場合もあります。

けれども、ここに公開を許可してくれた方たちは、もし自分と同じような悩みを抱えていたり、自分と似たような状況にいる人たちが、フラワーエッセンスがこんな形で助けになると知る機会の一助になれば、という思いから公開してくれています。

 

パイン

 今回フラワーエッセンスの講座を受講して、植物のエネルギーと共鳴すること、響き合うことが、頭での理解ではなくハートで感じることができてとても嬉しく思っています。

 

服用した中で一番印象に残っているエッセンスはパインです。以前からなぜか「本質」という言葉が私の内にありました。心というだけでは物足りないようなもっと奥深いところに何かあるような。そことつながりたい欲求のような。そんな感覚を感じていました。

 

パインを服用して、今までの経験の中で起こる出来事に対して反応的に対処はしてきたけれど、「本当の自分はどう感じてどうしたいのか」ということを自分自身に問いかけることをしてこなかったことに気づきました。

 

そしてパインを服用することで「今自分はどう感じていてどうしたいのか」をもう1人の自分が冷静に客観的に見ている。そんな感覚を感じました。

 

無意識に自分自身に投げかけていた言葉。「もっと頑張らなくてはいけない」頑張っても自分自身のことを認められない感覚。やってもやっても満たされない自分が居ることに気づいてはいました。そこには頑張らなくては認められないという親子関係の中で勝手に作り上げてしまった心の反応が隠されているのではと思っていましたが、パインを服用するようになってからその反応を客観的に見れるようになり、中立的なものの見方ができるようになった気がします。

 

今まで頑張ってきた自分を認め褒めてあげたい想いが内側から湧いてくる感覚。頑張らなくてもありのままの自分で価値を感じられるような…。その感覚を本当の自分から教えてもらっているように感じました。

 

人は生きている中でいろんな思い込みや枠組みを作り、気づかないうちに自分の世界に生きていると思います。心の奥深い部分に、いつもそれを見守る存在、ただ在るだけで満たされる存在がいるように感じます。フラワーエッセンスと共鳴することで、作り上げてしまった世界に光がさして、元々あった「本質」が姿をあらわしてくる。そんな感覚を感じました。きっとシンプルでただ在るだけで満たされるという感覚が待っている。そんな気づきを与えてくれるエッセンス。これからが楽しみです。

K. Oさん(SEED1SEED2

 

★一般公開 ⇒ SEED2修了課題レポート

★「バッチのフラワーエッセンスを体験的に学ぶ」⇒ SEED1

★「バッチのフラワーエッセンスを体系的に学ぶ」⇒ SEED2

 

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelica Newsletter

フラワーエッセンスと関連植物の情報や、Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

 

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して登録をクリックしてください。

ありがとうございます。ご登録が完了しました。

Shares
Share This