ゴールデンウィークの最終日、

京都府立植物園でレッドチェスナット観察会を開催しました。

当日は天候にも恵まれました!

レッドチェスナットもたくさんの花をつけていました。

トチノキの花やアメリカアカバナトチノキの花も観察することができました。

 

前半はフラワーエッセンス関連の植物を確認しながら、

園内を歩きました。

お昼を挟んで午後はレッドチェスナットの観察。

 

普段、あまり目を向けることのない、

自然が創り出す形や色に向き合う時間・・・。

自然の不思議に触れる時間・・・。

日常とは違った時間が流れます。

 

そういう時間を通して、

思い出してほしいのは、

観察している花が咲くのと同じ自然が

僕らの体や心にも生きていること!

 

レッドチェスナット観察会

Share This