自分に一番響く経験をしたフラワーエッセンス「ウォータバイオレット」

自分に一番響く経験をしたフラワーエッセンス

次の文章は飛ぶフラワーエッセンス教室SEED1とSEED2(併せて約1年間)を受講した方のSEED2修了課題として提出されたものです。公開を許可してくれた方々に感謝します。自分と同じような悩みを抱えていたり、自分と似たような状況にいる方たちが、フラワーエッセンスが助けになるかもしれないと知るきっかけになれば、という思いから公開を許可してくれています。

ウォーターバイオレット

一番印象的なエッセンスは、服用期間中に「葛藤と抵抗」を強く感じたウォーターバイオレットです。

 

数か月前、受講中にクラスの方から「ウォーターバイオレットが必要な状態では?」と助言された時、抵抗する気持ちがありました。何故なら、ウォーターバイオレットというエッセンスを必要としている人は「病気の時も健康な時も、1人でいることを好む、自立した人」というイメージを持っていて、「私は1人でいる事を好んでいないし、自立もしていない」と思ったからです。

 

ですが、その後にショックな事があり、「1人になりたい」と感じていました。という事は…このエッセンスが必要な状態なのかもしれないと思い、服用を決めました。

 

私は思考や状況などを先に理解し、自分の感情は少し時差があってから理解する事が多いのですが、ウォーターバイオレットの花が写っているカードを見た時、すぐに”孤独で悲しげ”と感じました。

 

ウォータバイオレットタイプだと感じる知人などに対して、「自立していて、凛としている、強く美しい人」というイメージを持っていて、尊敬していたので、”孤独で悲しげ”という感情をすぐ感じた事に驚きました。

 

そして服用して数日後、何故か「ウォーターバイオレットという花は1人でバカみたい」と思い、泣けてきました。

 

服用し終わった頃、ふと、亡くなった父や祖母の姿を思い出しました。ウォーターバイオレットが経験しやすいパターン(内にこもる傾向、容易に人を寄せ付けないような態度)を彼らが持っていた事を思い出し、「私は嫌だ、私は違う」と感じ、また1人で涙しました。

 

「内にこもり、人を寄せ付けない」という訳では決してないのですが…エッセンスを服用する前から、1つの思想や団体などに属することなく、それぞれに共感しながらも、偏らない生き方ができたらいいな、という思いが私にはあります。ですが、属さないという事は、時に孤独を感じてしまう時もあります。「何かに属さなくても”孤独ではない”という事を、頭だけでなく腑に落とし、その過程をウォーターバイオレットと歩みたい」と感じました。

 

今もまだ「内にこもる傾向や、容易に人を寄せ付けないような態度」が私にある事を、心から受け入れる事が出来ていませんが、引き続きエッセンスを服用し、自分と向き合っていきたいと思います。

I. Sさん(SEED1SEED2

 

★一般公開されているレポート ⇒ SEED2修了課題レポート

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelica Newsletter

フラワーエッセンスと関連植物の情報や、Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

 

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して登録をクリックしてください。

ありがとうございます。ご登録が完了しました。

Shares
Share This