ヤロウの蕾がつきました

ヤロウの蕾

ヤロウの蕾:日に日に徴しています。

鉢で育てているヤロウに蕾がつきました。

一日一日と成長しています。

今年はヤロウの観察会を開催します。

6/22 ヤロウ観察会@大阪市立大学附属植物園

ヤロウのフラワーエッセンスは、

FESのフラワーエッセンスの中で重要な位置を占めるエッセンスの1つで、

自分と人との境界など、

「境界」のテーマに取り組む際には欠かせないエッセンスです。

 

この観察会(+ウェブ講座)では、

境界とヤロウの特徴についてウェブ講座で学んだ後、

実際にヤロウに触れ、形や色を体感することで、

ヤロウの「あり方」が私たちの内面で生きたものになることを目指します。

 

ウェブ講座+観察会の構成

事前に、ウェブ講座(リアルタイムの参加、または録画の視聴)で「ヤロウと境界」について解説します。それを観察会で実際に植物に触れて確かめ、さらにその形や色を左脳だけではなく右脳モードで体感することを目指します。

※ウェブ講座はこの日時以外に録画で視聴することができます。
※ウェブ講座のみの参加も可能です。

ウェブ講座

◆ 6月12日(水)20時~21時15分:パート1
1.「境界」について(自分と人の境界、普段の生活で起こること、境界の成り立ち)
2.境界と内面の子ども

◆ 6月18日(火)20時~21時15分:パート2
3.ヤロウの姿かたちとその特徴
4.ヤロウが表現する境界のあり方

※連続講座「ヤロウと境界」を受講された方は、このウェブ講座を復習として使っていただくことができます。(割引あり)
※順番や内容の一部は予告なく変更になる場合があります。

観察会

◆ 6月22日(土)10~15時
※もしかしたらヤロウの開花には少し早いかもしれませんが、夏至の日に合わせました。
※雨天の場合の予備日:7月6日(土)
大阪市立大学理学部附属植物園

 

詳細、お申込みは

 

⇒ ヤロウ観察会+ウェブ講座

 

 

 

Share This