先日の日曜日のフラワーエッセンス 1-Day WS「 光をともすフラワーエッセンス」の参加者の方に、感想カードをお渡しして、終了時に感想を書いていただきました。その一部をご紹介します。

ワークショップでは、3つのフラワーエッセンス(名前を伏せて)を服用して、それぞれの体感を形や色に描くワークを行いました。その感覚を頼りにフラワーエッセンスを1つ選び、グループに分かれてそのエッセンスについて理解を深めていきます。

 

自分がスターオブベツレヘムにたどり着いたことが衝撃でした。白い花は元々あまり関心がないし。WSは、久しぶりの世界で懐かしく?、又、堤先生のカリフォルニア W. R.の社会的関わりのお話とても印象に残りました。先に飲んで、あとで名を知ると、こんなに正しい選択と感じられるのかと、皆さんの表情をみて思いました。

 

感じたことが大切にされる、ことの尊さ、ありがたいです。

 

飲んだフラワーエッセンスで感じたことを絵で表現するということが興味深く、出てくるビジョンを絵で表すことが難しくどのように表現していいかわからず困りました。後は口でフォローすることにして、できる限りの表現をしましたが、納得いきませんでした。ですが講座をすすめると、自分で難しくさせている、これはダメにちがいないと思いこんで何もしないようにしている自分に気づきました。ありがとうございました。

 

今日はありがとうございました。行きの電車である詩が書かれているポスターを見ました。(きむさんという詩人の方の詩)「自分と向き合う時間を大切にしてあげよう 自分の素直な心や今の考えを知る時間が明日を描く力になる」ありがとうございます。

 

自分の奥にあったものがふわっと浮き上がってきました。痛くもありますが、同時に“大丈夫“という安心感も持って帰れます。ありがとうございました。

 

受け取った印象を絵にすることが意外にも楽しく感じられました。言葉にするよりも伝わりやすい部分もあったかと。初めてお会いする方ばかりでしたが、本当にあたたかく、やわらかな時間と空間が心地よかったです。ありがとうございました。

 

Share This