ゲンチアンと自分が響き合うと…

★この記事は更新から1年以上経過しています★

 

ゲンチアンを体感すると、どんなふうに感じるか、試してみたことはありますか?

飛ぶフラワーエッセンス教室SEED1などではフラワーエッセンスを体感して、その感覚をシェアしてもらうことをやりますが、そのときにいつも気をつけることは「エッセンスを感じようとしないで・・・」ということです。エッセンスを感じようとしないで、エッセンスを飲んだ自分の感じがどう変わるかを調べてみるということをやります。

 

その理由は二つあって、一つはエッセンスを感じようとすると、どんなエッセンスだろうか?、どんな花だろうかと正解を求めて考えてしまって、感じることが難しくなるという個人的な経験から。

もう一つはフラワーエッセンスがはたらくのは共振作用によるのだから、感じることができるのはフラワーエッセンスによって自分がどんなふうに響いているかということ。僕らが聞いている音は「フラワーエッセンス+自分」の音だからです。

だからエッセンスを体感する前に、自分の体や気持ちを感じることをやります。自然に呼吸しながら今の自分自身を感じることから始めます。この作業で意識のレベルが少し変わります。昼間の仕事モードの意識、つまり第3チャクラが活発にはたらいている状態が緩んでいきます。

自然に呼吸しながら今の自分自身を感じることから始めて、その感じがエッセンスによってどうかわるか、それとも変わらないか感覚を開いて待ちます

 

それで、ゲンチアンでどう変わるか。僕の場合、まず下半身への流れを感じることが多いです。お腹とか脚とか。そして、しばらく静かに呼吸していると、だんだん中心にシャキッと芯が通るような感じがして、丹田に力が入るような感じになります。

この感じは「ゲンチアン+自分」の音だから、他の人と共通部分もあるけれども違うところもあります。そのときの自分の状態によっても変化します。みなさんにはゲンチアンと自分が響き合う音はどんなふうに聞こえますか?

 

※写真は日本のリンドウ。

 

リンドウ

リンドウ(Gentiana scabra ver. buergeri)

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Shares
Share This