フラワーエッセンスの作用の3つの段階

 

フラワーエッセンスの作用の全体像

フラワーエッセンスの作用の表れるプロセスは、一般的には次のような段階があります。

これらの段階は、個々のフラワーエッセンスによって、またそれを使う個人によって、状況によって、必ずしもこの通りに経験されるとは限りません。

ある部分はあまり意識されないような形で起こることもあります。

それでも、こうしたフラワーエッセンスによって起るプロセスの全体像を知っておくことは、「表示されているフラワーエッセンスの効果だけ」に注目するよりは、はるかにフラワーエッセンスの効果を評価するのに役立つと思います。

 

フラワーエッセンスの作用と反応の各段階

1.からだ・こころ・たましい(意識・無意識)のバランスが変化し始める。

たとえば

  • 緊張が緩む。リラックスする。
  • 睡眠の質やパターンが変わる
  • 眠くなる。(昼間でも眠いなど)
  • 印象的な夢、鮮明な夢を見る。
  • 活力を感じる。
  • まれに頭痛や皮膚症状(湿疹など)がある場合も。

 

2.気づく:それまでさほど意識したことのなかった自分の気持ちや考えに気づく。

  • 自分の正直な気持ちや感情、考えなどに気が付いたり、それを自分で受け入れることができるようになる。
  • 過去の出来事やそのときに感じた正直な自分の気持ちを思い出したり、受け入れることができる。
  • 自分の行動や振舞いの理由に気づく。

 

3.見方、捉え方や、行動や態度の変化

  • 新たに気づいた気持ちや考えによって生まれた新しい見方と、これまでの古い見方の間で葛藤する。
  • 葛藤が起こること自体がとても重要な変化。
  • 取り組みを続けることで葛藤は徐々に新しい見方、新しい可能性の方へシフトしていく。
  • 新たに気づいた気持ちや考えによって生まれた新しい見方が行動や態度の変化につながる。

 

フラワーエッセンスの作用と葛藤

何か新しいやり方を試すとき、何か新しい行動に出ようとするとき、僕らは葛藤を経験します。古いやり方と新しいやり方との間で自分の気持ちが揺れたり、ときには混乱したりする経験です。

それは居心地のいい状態ではないかもしれないけれども、とても大事な時で、本当に何かが変わるときにはとても自然に起こることです。いってみれば、自分の中に新しい芽が芽吹き始めているときです。そのようなときはそのままの自分を大事にして過ごされることをお勧めします。

その季節を大事に過ごすことができると、新芽は、みるみるうちに、やわらかで、みずみずしい緑の葉に展開していきます。

 

ホワイトチェスナット(セイヨウトチノキ)(2/17/4/16)

 

フラワーエッセンス植物観察会「ホワイトチェスナット」@大阪市長居植物園

 

フラワーエッセンス植物観察会「レッドチェスナット」@京都府立植物園

 

Submit a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelica Newsletter

フラワーエッセンスと関連植物の情報や、Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

 

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して登録をクリックしてください。

ありがとうございます。ご登録が完了しました。