好転反応って何?

フラワーエッセンスの講座などやっていると、

「これって、好転反応ですか?」とか、

聞かれたりすることがあります。

 

そういうときに、「好転反応」って何やったっけ?

とちょっと考えてしまうことがあります。

僕自身は使ったことがなくて、「反応」とだけ言っています。

 

好転に向かうためにぜったい必要?

「好転」というのは、

「状態などが変化してよい方に向かう」という意味なので、

好転に向かうための(ために必要な?)反応ということになるのかな。

この言葉は使う人によっては「好転するために必要な反応だから」といった、

ちょっと力技的なニュアンスがあるように思います。

「この反応の後に好転する可能性がある」という自然な意味ではなくて。

なので、個人的にはただ「反応」と呼びたいところです。

 

共振作用と反応

フラワーエッセンスを服用して「反応」が起こることは確かにあります。

フラワーエッセンスは共振作用によってはたらくので、

「反応」が起こるということは、

ある意味フラワーエッセンスが作用している、

自分と響き合っているということです。

響き合わないエッセンスを服用しても何も起こらない、というのが

フラワーエッセンスには副作用がないといわれる所以です。

 

副作用はないけれども「反応」については知っておくのは大事

そういう意味での副作用はありませんが、

時には「反応」を経験することもあります。

もちろん、感じないことも多いのですが、

フラワーエッセンスを服用した時の反応ついては

ぜひ、その知識や対処方法は知っておいていただきたいポイントです。

 

しばらく、「フラワーエッセンスと好転反応」について書いてみたいと思います。

 

 

 

 

Share This