エネルギーについてのあるエピソード

ヒーリングスクールに在学中や卒業後に「ヒーリングクリニック」に何度か参加したことがある。在学生や卒業生のヒーラーたちが手弁当で集まって各地に出向いて、各グループ3、4人のチームを組んで行う無料のヒーリングクリニック。

2011年の震災の後、裏磐梯で開催されたクリニックに参加した。そして原発事故から避難されていた方々にハンズオンヒーリングをやらせていただいた。

おそらくは人生で初めてであろうエネルギーヒーリングを受ける方たち。通常ならちょっと緊張してもおかしくない状況だが、エネルギーを敏感に感じ取る方が多かったことに驚いた。東京などの大都市で行われるクリニックのときよりも、エネルギーをスムーズに受け取ってもらえる感覚があった。中には「ピリピリしたけど、電気を使ってるのか?」と言われた方もいらっしゃた。「はい。実は背中に着けてます(笑)」とか言って大笑いした。

個人的な経験からは、普段自然の中で体を使って仕事をしている人(農家の方など)の方がエネルギーを感じやすいし、体にスムーズにエネルギーが入っていきやすい。それに比べて思考をメインに使うような仕事で自律神経に過剰にストレスがかかっているような人はエネルギーを感じにくい傾向があるように思う。

エネルギーを感じるには、普段使っている表層の意識を鎮めて(左脳モードを緩めて)、呼吸を通して体と心のつながりを深め、リラックスして感覚を開くのが大事だ。そうすれば、誰でもエネルギーを感じることができる。

同じようにしてフラワーエッセンスのエネルギーも感じることができる。特別な能力などなくても練習すれば誰でもできる。

そして、それが感じれられるようになれば結果的に自分の感覚が信頼に値するものだとわかる。自分の感覚を信頼できることは、人に合わせ過ぎなくていいということだ。自分は自分の感じていることを信頼していいと思えることだ。それは他の誰かではない自分を生きる出発点になりうると思う。

Share This